駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線第24回目 金指駅 

ネイティブのCAT LAP MILKが着弾。
諭吉が一人旅立ちましたが、これでフィギュアもようやく残り一つです。
このCAT LAP MILKが、一番最後に予約したフィギュアで、本来ならこれが最後になるはずでしたが、気づいたらバイト戦士が一番最後まで残っていました。
あみあみの購入履歴を見ると、予約したのが2012年9月13日となっているので、予約してから既に1年以上が経過していることになります。
遅延が日常茶飯事であるフィギュア業界なので、多少の遅れは許容の範囲ですが、予約開始から1年以上もかかることは少なく、さすがに待ちくたびれ、興味もほとんどなくなりました。
アマゾンで予約していれば、さっくりとキャンセルしてフィギュア収集も〆となっていたのですが、いかんせんキャンセル不可のあみあみで注文してしまったので、座して待つ他ありません。
これだけ延期が続けば、さすがにキャンセルも通るとは思いますが、アゾン服の購入先としてあみあみにはまだ利用価値があるので、迂闊なことをして機嫌を損なわないためにもここは我慢です。
今日届いたCAT LAP MILKについては、未開封で売ると切ない気分になるとわかったので、売値が下がりますが開封して飾ろうかなと思っています。

さて、ほぼ2ヶ月ぶりとなりますが、駅舎訪問を今日から再開します。
書いている本人の記憶も既に薄れ、訪問者の大部分が興味を持っていないものですが、このブログの根幹となるものなので続けざるを得ません。
まあ、単にせっかく撮ってきたものを寝かしておくのが勿体ないだけの話なんですが。
前置きが長くなりましたが、今日は前回の続きとなる天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線の「金指駅」を紹介していきます。
最初に駅舎を紹介。

  金指駅駅舎

それなりに立派な駅舎ですが、もともとあった駅舎を無理に増築したような感じで、少し見栄えが悪いです。
駅舎の裏手がこちら。

  駅舎裏手

もとの駅舎の姿をよく留めていて、こちらの方が味があります。
続いてホームを紹介。

  ホーム

ホームは駅舎と構内踏切で繋がれていて、1面2線の島式ホームとなっています。
ホーム中央に設けられた待合所は、駅と同じぐらいに作られたものと思われ、かなり古びていますが、なかなかに趣があります。
椅子が木製であればなお良かったところですが、残念ながら一部はプラスティックの椅子となっていて、少しマイナスです。
最後に駅名表示札を紹介。

  駅名表示札

国鉄時代を彷彿とさせるもので、デフォとなっているデザインのものではありませんでした。
おまけで、構内に留置されていた保線車両を紹介。

  保線車両

良い感じで草臥れています。

この金指駅も4年前の訪問ということで、今となっては全く記憶になく、語るべき言葉は残念ながらありません。
ただ、写真を見る限りにおいて、それなりに歴史のある物が残されているようなので、訪れてみるのも面白いかもしれません。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる気賀高校前駅を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/667-1d4a9ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。