駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

片知渓谷 with Kanna【2013.8.24】 

天気が悪いので定時で帰宅。
雷がゴロゴロと鳴り、激しい雨が降りはじめてきたので、会社に残っていても良いことはなさそうでしたから。
まあ、実際のところは、単に暇でやることがないだけだったりするのですが。
いつもよりも早く帰れたので、サーバー枠が一杯で指を咥えて眺めることしかできなかった艦隊これくしょんにアクセス。
すんなりとはいかず、何度もリロードを繰り返した挙げ句、受付開始から20分後にようやく着任することができました。
サーバー枠の新規開放が18時からと、社会人では無理ゲーな話で、半ば諦めていましたが、天気が荒れてくれたお陰でなんとかなりました。
早速、軽くプレイしてみましたが、久しぶりのゲームということもあって、なかなかに新鮮でした。
さすがにこれだけでは面白いかどうかはわかりませんが、ゲーム音痴な身でもまったりと楽しめそうな感じなので、暇つぶしにはちょうどよい気がします。
飽きて放置する可能性が大ですが、しばらくは遊んでみようかなといったところです。

さて、小牧山に出かけた翌週に、練習がてら片知渓谷へ出かけたので、その様子を紹介していきます。
片知渓谷は美濃市の山の中にあり、ネットでググるまで存在さえ知らなかった場所ですが、写真で見る限り綺麗そうな場所だったので行ってみることにしました。
入口はこんな感じ。

 片知渓谷入口

林道の途中で唐突に出てくるので、車の運転をしていると見落としそうになります。
この入口から中に入ります。
入口の先に控えていた渓谷がこちら。

 片知渓谷風景

 片知渓谷風景その2

夏の終わりの曇り空の日ということもあり、人気は皆無でうすら寂しさが漂っていました。
ただ、景色はネットで見つけた写真通り綺麗で、撮影もしやすい環境だったので、天気を気にしながら予定通り練習を開始。
以下、適当に。

 滝の前で

棒立ちですが、こちらを見上げるイメージにしてみました。
白飛びしているのが難です。

 滝を見つめて

滝を見つめる風を装っての一枚ですが、もう少し構図を考えた方が良さそうな気がします。

 岩場に腰かけて

構図に少し変化をつけてみましたが、思ったよりも悪くはありません。

 足を開いてだらしなく

こちらも少し構図に変化をつけてみました。
瞳が陰っているので、レフ板で光を当てれば良かったような気がします。

 岩の上で見つめて

こちらも、やはり瞳が陰ってしまっています。

 岩場に腰かけてその2

あまりに暗いので、フラッシュを焚いて撮影してみましたが、瞳は綺麗に写ったものの、全体に白ばんでしまいました。

 岩場に腰かけてその2アップ

上の写真を引いたものですが、こちらはフラッシュを焚かなかったので、完全に目が黒くなっています。
ただ、絵面としては全体が写っているこちらの方が良い気がします。

 髪をかき上げて

思いついて髪をかき上げさせましたが、ロケーションとの繋がりがないので少し意味不明な感じになってます。ただ、カンナの可愛らしさが出ているような気がします。

今回はポージングの練習がメインだったので、DDよりも可動性能が上のカンナをモデルにしましたが、安心のオビツ製ということで、きっちりとポーズが決まり、かなり撮影がしやすかったです。
カンナで慣れてしまうと海月みたいにふにゃふにゃなDDでの撮影が難しくなってしまうので、適当に交代させながら撮っていく必要がありそうです。
それと、今回の撮影で、きちんとレフ板を使って顔に光を当ててやらないといけないことを再確認しました。
これまで放置していましたが、人形は顔が命ということで、今後はレフ板を意識的に使っていこうかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/657-4595c1ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。