駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

みたらい渓谷vol.2 with Alice【2013.8.16】 

今日は久しぶりの休日出勤。
仕事のために休みを潰すこと自体嫌なのに、折り悪く心待ちにしていたドルショに行けなくなったことも影響して、テンションはかなり下がりまくりで、どうにもこうにもいただけませんでした。
仕事をしていてもフラストレーションが溜まること、溜まること。
なんとか予定通り午前中に仕事を終わらせたので、その足で気晴らしに野外撮影にいこうかとしましたが、雨脚が強くなりやむなく中止。
何ともはやついていない一日でした。
腐っててもしょうがないので、写真を一から勉強しなおすため、本屋へ行って「写真構図の教科書」という本を購入。
改めて基礎の基礎から勉強しなおすべきでしたが、「よく分かる!ポートレートレッスン」を読んでひとまず基礎は押さえなおしたつもりなので、今一番問題となっている構図と光の使い方を一から勉強することにしました。
鉄道写真を囓ったわりには、写真の基礎をマスターしていないのはアレですが、何も考えず写真を撮っていてもよくないということが十分わかったので、地道に勉強していこうかと思います。
良い暇つぶしにもなりますし。

昨日に引き続き、みたらい渓谷です。
ロケ地開拓の途中で見つけた滝。

 みたらい渓谷滝

これぐらいの小さな滝が延々と続いていますが、人の手があまり入っていないこともあり、滝壺はエメラルドグリーンに輝き綺麗です。
この奥の岩場が良い感じだったので、そちらで撮影を再開。
以下、適当に何枚か。

 岩の上で見上げて

河原にゴロゴロしている大きな岩の上で膝立てさせてみましたが、よく分からないシチュエーションに仕上がりました。

 手を差し伸べて

引っ張り上げようとして手を差し出すことをイメージしてのポージングですが、髪がぼさぼさで残念な感じになっています。
このへんにも気を使わねばと思います。

 滝を背景に

麦わら帽子を小道具として使ってみましたが、ポージングのレパートリーが少ないのでどうしても同じような格好になってしまいます。
さらに、奥へ場所を移します。

 みたらい渓谷奥地

一番最後に辿り着いたところですが、人の気配がまるでなく、さすがに怖くなったので、少しだけ写真を撮って終了しました。
それが、こちら。

 岩場にて

座らせただけの簡単なもので、視線だけこちらに向けるようにしてみましたが、イマイチ。
このポージングをしている途中で、誰もいないはずなのに見られている気がしてならず、ポージングに集中できなかったというか何だか怖くなったせいだったりします。
おまけの一枚。

 山道にて

車へ戻る途中、人気がなくなったので、遊歩道で撮影してみましたが、焦った途端、いつもの棒立ちとなってしまいました。
こういうときでも、自然にいろいろなポーズをとれるようになるのが理想ですが、難しいところです。

みたらい渓谷は景色が綺麗で良いところでしたが、野外撮影的には遊歩道から離れないと少し厳しい感じでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/654-83ba0fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。