駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

旅するドール ~岩手県遠野市 遠野ふるさと村その3~ 

野外撮影の腕を上達させるため、アマゾンでポージングとポートレートの本を注文。
書店でファッション誌を眺めていましたが、女ならざるむさいオッサンの身で長々と立ち読みすることもできず、どれが良いのかわからなかったのでつい逃げてしまいました。
まあ、頼んだ本がダメなら、その時またファッション誌には頼ろうかと思いますが、頼んだ本はレビューを見る限りそこそこ使えそうな感じなので、期待したいところです。
ポージングに拘る前に写真のテクニックを身につける方が先のような気もしますが、先日野外撮影にでかけたみたらい渓谷では、ろくなポージングがつけれずかかなり苦労したので、その反省点を踏まえてのことだったりします。
実際、これなら棒立ちの方がよいのかもと思ったりしたほど残念な感じだったし。
ポージングも最終的にはセンスが必要になると思いますが、ある程度ポーズの引き出しがなければ話にならないわけで、絶望的なまでに引き出しがない現状では、何よりもまず引き出しの数を増やすことを優先させました。
写真の技術もそれに合わせて高められると良いのですが、一眼レフを買って駅舎を撮り始めた大事なときに怠けてしまい、何も考えず場当たり的に撮影するという悪いスタイルが身についてしまったので、これを矯正するのにはなかなかに骨が折れそうです。
未だに露出補正がきちんとできない有様だし。
まあ、一度に何もかもできないので、ひとまずはポージングの習得を頑張ろうかと思います。




さて、昨日に引き続き遠野ふるさと村を紹介。
川前別家を離れ次に向かったのは「大野どん」という南部曲り屋。
それが、こちら。

 大野どん

今までのそれと違いはあまり見られません。
近寄ってみると馬を飼っているようで、こんな感じで馬の姿が見えました。

 ポニー

動物園で飼われている動物特有の怪しげな動きを見せ、ストレスが溜まっていることが窺えます。
南部曲り家は既にお腹いっぱいだったので、ここでは撮影はせず近くにあった池へ。

 池

大きな池で、池の側まで綺麗に手入れされていて見栄えが良かったので、植えられていた木を利用して記念撮影。

 湖畔にて

ポージングを工夫すれば、もう少し見られたような気もしますが、風景のお陰か悪くありません。
そのアップ。

 湖畔にてアップ

細波一つない水面は、鏡面のようで、これを利用して写真を撮れば面白かったかもしれません。
まあ、かなり難しい気もしますが、
この池の上手側には、別な建物が建っていました。

 こびるの家


こびるの家という名前のもので、曲り家ではない直家と珍しいものでしたが、食事処となっていたので、そのままスルー。
池の反対側を通り抜け、田んぼが広がった下手へ。

 田んぼ

日本の田舎ならどこでも見られるような風景ですが、薄汚いトタンがないお陰で画になります。
人はいなかったものの、遮る物が何もないとあって、ここで堂々と撮影するのはさすがに躊躇われたので、道ばたの木を使って隠れるようにして撮影。

 道ばたで

そのアップ。

 道ばたでその2

やはりぎこちなさが目立ちますが、棒立ちだけではつまらないので、こういったものも悪くはないかと思います。

今回訪れた遠野ふるさと村は、広大な敷地を有し見応えも十分な施設でしたが、必要十分な施設がコンパクトにまとまっている伝承園と比べると冗長さが否めません。
南部曲り家も正直何軒も見て回るほど奇抜なものでもないですし。
なので、時間が限られている場合には、この遠野ふるさと村へ行くよりも、伝承園へ行った方がオシラ堂も見れて有益な気がします。
ただ、野外撮影という視点からいえば、確実に遠野ふるさと村の方に軍配が上がります。
敷地内は緑豊かなことに加え、きちんと手入れされているため野性味溢れる自然の中よりも撮影がしやすく、野外撮影を安全に心ゆくまで堪能できます。
また、自然に飽きれば、南部曲り家を利用した屋内撮影もできるので、色んなバリエーションが楽しめたりもします。
観光施設なので、シーズンの時には野外撮影は厳しいと思いますが、オフシーズンになれば野外撮影が楽しめそうな気がします。
実際、私が訪れた時には、ほんの数組しか観光客はおらず、ほぼ貸し切り状態でしたから。

ということで、長々と紹介してきた遠野市の紹介もこれで終了です。
遠野市には行きたいスポットもまだたくさんありましたが、駆け足での旅行だったのでこれが限界でした。
次回は、遠野を離れ向かった小岩井牧場を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/643-61405b25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。