駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

旅するドール ~岩手県遠野市 たかむろ水光園その1~ 

ここ最近定時に帰れるので、空いた時間を利用して、フィギュアを売り払うための作業をしてみました。
フィギュアへの興味を失いはしましたが、別に嫌いになったわけではないので、このまま残しておいてもなんら問題ないのですが、フィギュアも最近は値上がりが激しく、軽く1万円を超えるようになってしまい、ドールとの掛け持ちで続けるのはまず無理になったので、フィギュア熱を完全に消すために処分することにしました。
残っているのは50体ほどなので、全部処分するのも難しくはないのですが、それはそれで寂しい話なので、ひとまず半分処分することにして選別を開始。
悩み抜いて残したフィギュアばかりなので、選ぶのも苦労するかなと思っていましたが、意外なほどスムーズに作業が進み、売り払うフィギュアがさっくりと決定。
なんとなれば全部処分しても良いかもと思うぐらいで、自分でも気づかないほどフィギュアには興味を失っていたようです。
お陰で作業は捗り、フィギュアを飾っていたキュリオケースも半分ほど空きました。
この空いたスペースには、やがて来るユリサを含めたオビツ勢の4体を飾ろうかなと思っていますが、ここに飾った途端見向きもしなくなるような気もします。
触らなくなると自然興味も薄れてしまいますから。
選別したフィギュアは、週末にでも売り払いにいくつもりですが、まふゆの購入代金ぐらいになってくれれば有り難いです。



さて、今日はデンデラ野のほど近くというか、車でしばらく行ったところにある「たかむろ水光園」を紹介していきます。
このたかむろ水光園は、当初訪れる予定はなかったのですが、デンデラ野へ行く道すがら、しきりと看板が出ていたので、気になって訪れることにしました。
事前情報が全くなかったので、名前から日本庭園関係の施設かなと思っていましたが、どうも入浴施設のようで、入口はこんな感じでした。

 水光園入口

少し古い温泉ホテルといった感じで、実際宿泊もできるようですが、メインは日帰り入浴のようです。
庭園はこの左手に設けられていて、ホテルというか施設の受付カウンターで入場料を支払えば、自由に見学できるようになっています。
施設の脇に設けられた庭園がこちら。

 水光園入口庭園

それなりに綺麗な庭ですが、狭い上に人目にも付きやすく、さすがにここでの撮影は無理です。
奥にこんな感じで坂道が続いていたので、その先に進みます。

 水光園小道

坂を下った先には入口にあったものよりも大規模な庭園が広がっていました。

 水光園下庭園夢見堂

結構立派な庭ですが、天気の悪い平日ということで、観光客はおらずほぼ独占状態でした。
それを良いことに、橋があるということで、お決まりの記念撮影を開始。

 夢見堂にて

少し日が出ていたせいもあって、オルタは強烈に白飛びしています。
ホワイトバランスを下げたりするのですが、焼け石に水でなんともならず、なかなかに厄介です。
めげずに今度はアップ。

 夢見堂にてアップ

驚きの白さです。
太陽の下での撮影は鬼門のようだったので、夢見堂と名付けられた池に突き出した建物へ移動。
池を背景にまず一枚。

 柱にもたれかかって

場所を変えて、柱を背にもう一枚。

 池を背景に

適正露出よりもオーバー気味で、微細なメイクは全て飛んでいます。
白肌ということで白飛びしやすいこともありますが、露出調整が上手くいっていないような感じです。
写真はなかなかに難しいです。

ひとまず、今日はここまでですが、まだ全部を紹介し切れていないので、次回も引き続き水光園の紹介をしていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/639-9082ca29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。