駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

旅するドール ~岩手県遠野市 カッパ淵上流編~ 

最近肩こりが酷いので、もみほぐし専門店に行ってきました。
色々と問題もあるみたいですが、整体は高く予約するのも億劫なので、安さと手軽さに釣られたしだい。
とはいえ、初っ端から60分コースを頼むのもさすがに怖かったので、ひとまず一番短い30分コースでチャレンジ。
お店のシステムはいたって簡単で、カウンターでコースを頼み、ブースが開いていればそのブースでマッサージを開始というもの。
予約なしで行きましたが、運良くブースが開いていて、すぐにマッサージを開始。
うつぶせに寝転がったところに、ゴリゴリと指で押され、痛気持ちよさが体中に広がります。
もみほぐしとの言葉から、普通に揉むだけなのかと思っていましたが、指圧っぽい感じで少し意外でした。
右肩から左肩、そして時折全身となかなかに手数が多く、思っていたよりも充実した内容。
医療行為ではないので、肩こりに効いているのかは不明ですが、だいぶ肩が楽になったのでそんなには悪くはなかったようです。
一時しのぎにはなったので、また酷くなったら行ってみようかとも思いますが、やはりきちんとした整体に行った方がよいかもとも思ったりします。
まあ、面倒くさくて、結局もみほぐし屋で済ませるような気もしますが。
値段も安いし。
今日もまた一つ新たな地平が開けた感じです。




さて、昨日に引き続いて遠野市を紹介していきますが、今日からは遠野の中心地というか、観光地を紹介していきます。
今回紹介するのはカッパ淵です。
写真の枚数が多いので、2回に分けて紹介していこうかと思いますが、カッパ淵自体はそれほど広い場所ではありません。
というか、かなり狭かったりします。
まずは、カッパ淵へと続く入口を紹介。

 カッパ淵入口

幹線道路沿いに大きな看板が立っているのですぐにわかります。
ただし、ここを車で曲がっも車を停める場所がないので、看板の手前というか近くにある無料駐車場に車を停めた方が無難です。
看板からカッパ淵までは500mほどですが、途中でお寺の敷地を通り抜けなければならななかったりして、少々場所がわかりづらくなっています。
これといった案内看板もないですし。
右往左往しながら辿り着いたカッパ淵がこちら、

 カッパ淵

小川には木製の橋が掛けられ、その袂にはトーテムポールにも似たモニュメントが置かれています。
雨上がりの早朝に訪れたので良い感じの雰囲気が漂っていました。
早朝にもかかわらず3人ほど観光客がいたので、捌けるのを待って、橋の上でまず記念撮影。

 橋の上で

相変わらずの棒立ちですが、ご愛敬ということで。
背景に見えるのが看板にもあった常堅寺で、撮影方向は奥から入口を望む格好になっています。
少し絵面が面白くなかったので、背景を代えてもう一枚。

 欄干にて

橋の欄干に立たせてみましたが、こちらの方が眺めは良いです。
アップでさらに撮影。

 欄干にて アップ

やっぱりオルタは可愛いなと改めて思います。
この橋から下流を眺めるとこんな感じ。

 カッパ淵上流から下流を望む

カッパ淵は、全体でも長さが50mあるかないかぐらいの短さで、水深もごく浅いものですが、周囲の植生のお陰か雰囲気のある小川です。
橋を渡った左岸には、小道が延びていて、下流へと続いています。
それが、こちら。

 小道

細かい砂利が敷き詰められ綺麗に整備されています。
ここでも、とりあえず記念撮影を敢行。

 小道で棒立ち

棒立ちからのアップ。

 小道で棒立ちアップ

アップにすれば、面白味はないですが、それなりに見えるような感じにはなります。

写真が多くなったので、ひとまず今日は上流部の紹介で終了とします。
次回は、カッパ淵のメインスポットとなる下流の様子を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/633-b155f14a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。