駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

旅するドール ~岩手県遠野市 めがね橋~ 

思うところあってここしばらく定期的にお参りしている神社が、夏越しの大祓をするということで、厄払いを兼ねて初穂料をおさめたのですが、大祓が無事終わったとのことで、大祓神札が送られてきました。
狭い賃貸アパート暮らしということもあり、神札を置けるような場所があるわけもないので、さてどうしたものかと頭を悩ましたが、ひとまず取り扱い方をネットでググってみました。
調べてみると神札というのは、正式には神棚に奉るようですが、さすがに神棚は買った後の処分に困るうえに持て余すのは確実だったので、見なかったことにして、別の方法を探してみましたが、目線より高く、下に人が通らないところに、下に白い紙か布を引いて飾ればOKということが判明。
ただ、狭い我が家でその条件に合う場所となるとなかなかないわけで、無い知恵を絞って考えた挙げ句、今日仕事帰りにホームセンターに寄って、壁掛け可能なカード立てと壁掛け用のフックを買ってきました。
カード立てにお札を入れ、それを天井近くの壁に掛けることにしたのですが、案外上手くいくもので、きちんと収まってくれました。
とはいえ、やはり見栄えは悪く、なんというかイマイチ。
安さ全開のプラ製のカード立てなので、当たり前と言えば当たり前なのですが、どうもしっくりきません。
緊急避難的にこれでやり過ごそうかと思いますが、世の中にはお札立てという便利なグッズが売られているようなので、こちらを買おうか思案中です。
値段もそれなりに手頃で、神棚よりも気楽に扱えそうですし。
お札立てを導入すると、我が家のカオスさがさらに増すような気もしますが、粗末に扱うわけにもいかないのでやむを得ません。



さて、今日からは遠野市での野外撮影の様子を紹介していこうかと思います。
遠野市へは、一関市から高速に乗って花巻まで1時間かけて行き、さらにそこから下道に降りてもう1時間車を走らせる必要がありました。
何気に遠く、これだけでもちょっとした旅行でしたが、景色がよかったこともありそれほど遠いとは感じませんでした。
朝早く出かけたということで、車の量が少なかったのも、ストレスを減らしてくれました。
遠野市の市街地に入る手前に、「銀河鉄道の夜」のモチーフとなっためがね橋がかかっていたので、まずはじめにそちらを紹介していきます。
めがね橋の全景はこんな感じ。

 めがね橋

道の駅のすぐ側にありますが、めがね橋のためにか、公園というか芝生広場が綺麗に整備されていました。
広場の中央に置かれていたのがこちら。

 恋人の聖地

何故だかよく分かりませんが、恋人の聖地になっていたようで、シュールなモニュメントが置かれていました。
せっかくなので、このモニュメントの前で一枚。

 看板を背景に

遠野市からは、有珠に変わり、我が家の暴君たるオルタがモデルになります。
撮影しているときには気づきませんでしたが、モニュメントの銘板がくっきりはっきりと手前で写真を撮影していたクリーチャーを映し出してしまっていて、使える写真が少なかったです。
場所を変えて、遊歩道的な場所で一枚。

 めがね橋を背景に遊歩道にて

夜にはライトアップされるようなので、この遊歩道的な道を恋人達が歩くのかもしれません。
まあ、関係のないことなのでどうでもよいのですが。
この奥というか、めがね橋に一番近い芝生広場の端に丸太椅子が置かれていたので、オルタを座らせ記念撮影。

       めがね橋を背景にその2

白肌ということで容赦なく白飛びしてしまっています。
腰掛けるポーズに工夫を凝らせば良かったと思いますが、撮影しているとどうも写真を撮ることだけに集中してしまうので、ポージングが疎かになってしまってよろしくありません。
最後に、お馴染みのアップ。

 めがね橋を背景に

デフォウィッグを初心者の悲しさで壊して以来、ずっとこのウィッグにしていますが、わりかし似合っているんじゃないかなと思ったりもしてます。

今回訪れためがね橋は、毎週金曜日から日曜日の夜にライトアップをするようなので、訪れるのなら昼よりも夜の方がよさげです。
また、このめがね橋は遠野市へ向かう幹線道路のすぐ側にあり、今回撮影した芝生広場は人目を遮るものもなく、道路から丸見えだったりするので、撮影するには難易度が高い気がします。
旅の恥は掻き捨てというか螺旋が飛んでいたので気になりませんでしたが、これが地元であればドールの野外撮影はまずしていなかったと思います。
花巻経由で遠野市へ行く場合には、もれなく見ることができる観光スポットなので、足を止めゆっくりと見学するのも悪くないと思います。

ということで、今日はここまでです。
次回からは遠野市街地の様子を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/632-518c75f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。