駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

旅するドール ~岩手県一関市 厳美渓その3~ 

先週に届いてそのまま放置していたリリアをようやく開封。
初めてのアゾン娘ですが、アゾンは安心のオビツ製なので、オビツ娘としてはそに子、カンナに続いて三番目の娘になります。
だからどうしたという話ですが、我が家の主流派だったボークス勢の三人と並んだわけで、派閥争いが激化しそうな予感がします。
まあ、そのうちユリサがやってくるので、オビツ勢の天下になってしまうのですが。
今回我が家を急襲したリリアは植毛ヘッドで、それまでウィッグを使うドールしか扱ったことがなかったので、どんなものなのか少しドキドキしましたが、思った以上に扱いにくくて少し手こずっています。
髪の毛は普通のウィッグよりも細い感じなのですが、頭部に巻かれていたビニールのせいなのか、あるいはもともとそういうものなのか、髪の毛に段差ができてしまっていて、上手いこと髪形がきまりません。
梳いてもオイルミストをかけても効果なく、なんというかイマイチ。
お湯で洗おうかとも考えましたが、ちりちりになる危険性もあり、断念。
コスチュームを着せ、そのまま投げ出してしまいましたが、お迎えした以上可愛がってあげないといけないので、なんとかしなければとぼんやり考えています。
このまま放置したままになる危険性もなきにしもあらずですが、可愛い顔立ちをしていて野外撮影でも活躍しそうなので、何とかせねばといったところです。



さて、昨日に引き続き厳美渓の紹介をしていきます。
上流にあった公園を後にして向かった先は、少し下流にある公園です。
それが、こちら。

 ロケ地全景

特に名前のない公園ですが、人が降りられるようちゃんとした専用の通路が設けられています。
生憎の天気ということで人気は全くなかったので、さっそく東屋で撮影を開始。
まず、腰を掛けて一枚。

       東屋で その4

そのアップ。

       東屋でその5

少しだらしない格好ですが、僕っ娘的なイメージで見るとありかなと思います。
場所を変えてもう一枚。

 東屋で その6

川を眺める姿を正面から撮影してみました。
東屋から川は少々遠く、実際にはこの格好だとあまりよく見えないのですが。
今度は岩場に移動して一枚。

 川縁で その1

立ち姿というのはポーズが付けにくく、どうしても同じ格好になってしまいます。
アップでもう一枚。

 川縁で その2

髪の毛が乱れ気味ですが、そう悪くはないんじゃないかなと思います。
今度は、草むらというか原っぱで撮影。

 草原で

考えるのが難しいので、どうしても似たようなポージングになってしまいよくありません。
無い知恵を絞って、最後に、振り向きざまの姿を一枚。

 振り返って

後ろ止めの服なので、様にはなりませんが、目新しい構図ということで、ありといえばありかなと思います。

厳美渓は、一関では有数の観光地ということで、普段なら観光客も多く来ると思われますが、訪れた時は夕方近くのいつ雨が降ってもおかしくない曇天の平日ということで、ほとんど人影はありませんでした。
そのお陰で、人目を気にせず野外撮影ができ、なかなかに楽しかったです。
また、有名な観光地ということで、さすがに景色が良く、撮影するにはもってこいの場所でもありました。
惜しむらくは、安全確保のためのロープが、至る所に張り巡らせていて、ギリギリの場所で撮影できなかったことですが、落ちたら洒落にならないので、やむを得ない処置ではあります。
景色がよいところなので、野外撮影するには悪くない場所かと思います。

厳美渓でのドール撮影はこれで終了しましたが、厳美渓のおまけを次回は少し紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/629-cc3aa9fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。