駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

旅するドール ~三重県 宇賀渓 その2~ 

フィギュアから遠ざかったせいかワンフェスのことをすっかり忘れていましたが、アゾンやオビツが展示を行ったようで今日軽くチェックしてみました。
アゾンは相変わらずの怒涛のラインナップで、巴マミを除きまどか関係も全て出揃いましたが、ほむらを含めツボにはまった子がいなかったので少し安心です。
まどかをスルーしてしまったので、全員スルーしないと後で後悔する羽目になりますから。
アゾンが今回展示していたドールの中では、強いて言えばリリアの別ヴァージョンが気になったところですが、改めて買うほどではないのでスルーかなといったところです。
今回の新作ドールの中で、気になったのがオビツのミカヅキⅡ。
まふゆは直にキャンセル分の抽選販売が行われるということなので全裸待機することにして、ミカヅキⅡが受注開始したら申し込もうかどうか思案中です。
ミカヅキはカンナと同系統のツリ目で、色々とあくが強く、扱いづらいような気もしますが、独特な個性があって悪くありません。まふゆをスルーした後で超絶後悔をしたので、今回はとりあえず申し込んでみた方が良いのかもと思っています。
ただ、ユリサがこの後まだ控えているわけで、ここで迂闊に申し込んでしまうと、誰かをまた押し入れに閉じ込めないといけなくなるので悩ましいところです。
好みでいえば、オルタやセイバーのようなDD系の顔立ちが好きなので、愛情もそれほど注げる気がしなかったりしますし。
ツボにはまる子が出るまで資金を温存するのが得策のような気もするので、もう少し悩もうかなといったところです。


さて、今日は昨日に引き続き宇賀渓を紹介していきます。
昨日の最後に紹介した坂を下った先にあるのが今回紹介する白竜吊橋です。
それが、こちら。

 白竜吊橋

吊り橋というと木製の橋を想像しますが、ここに架けられていたのは鉄製の頑丈なもので、少々武骨なものでした。
維持管理の面から見れば、木製の橋よりも経済的な感じですが、少々味気なさが否めません。
とはいえ、眺望はよい場所だったので、ここでも記念撮影。
まず、少し離れた場所から24mmで撮影。

 吊り橋の上で その2
 
吊り橋は人が一人通れるほどの幅しかないので、有珠を置いても違和感はさほどありません。
少し寄ってもう一枚。

 吊り橋の上で その3

さすがに、背景がボケてしまいますが、このぐらいは許容の範囲でしょう。
続けて12mmで撮影してみます。
まず、少し離れた場所から。

       比較写真 その1

俯瞰的な撮り方ということで、24mmと比べてそれほど差はありません。
続けて今度は接写で撮影。

       比較写真 その3

接写になると細部の描写力はあがりますが、被写体がはっきりと歪んでしまいます。おかげで、有珠の体のバランスも歪なものになってしまいました。
面白い感じですが、少々厄介です。
試し撮りも終わったので、最後に場所を変えて一枚。

 吊り橋の上で その4

ポージングがまだ上手くいかないので、構図と背景で印象を変えてみるのもよい手かもしれません。
この橋からは、初めて目にすることになる無名滝がこんな感じで見えました。

 吊り橋から望む滝

写真のほぼ中央にあるのがそれで、小さく見えますが、現場で見るとそれなりの大きさで見えなかなかに悪くありません。

今回紹介した白竜吊橋を渡り終えると、そこから目的地の魚止め滝まで本格的な山道と化しますが、そちらについては次回紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/625-4f3902e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。