駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

旅するドール ~安土城 その1~ 

運試しに申し込んでいたナツキの夏パジャマセットが当たってました。
頼んでいたこと自体は覚えていましたが、抽選日までは覚えておらず、すっかり存在を忘れかけていましたが、メーラーを立ち上げて気づいた次第。
掲示板の書き込みなんかをみるに、今回の抽選は結構当たった人がいるようですが、有珠と2回連続で当たるとは我ながら幸運です。
所謂、無欲の勝利といったところでしょうか。
どちらも本気で欲しいと思った商品ではなく、気軽に応募しただけのものなのですから。
この引きの強さをここ一番と言うときに発揮できればよいのですが、得てして気合いを入れた時ほど空回りするというか当たらないわけで、ツボにはまった限定DDが出たときにしっぺ返しが来そうな気がします。
まあ、そのときはオクをフル活用して、是が非でも手に入れるだけですが。
旅行前に出費が嵩みますが、うちの有珠に似合う服がなかったりするので、このパジャマセットを着せてみて似合えばそのまま旅に連れて行こうかなと思っています。
ビジネスホテルを舞台に、背徳の風景を写真に撮るというのも一興ですから。
来週末の岩手旅行が楽しみですが、気がかりなのが天気。
東北はまだ梅雨のようで、今も天候が酷く荒れているとのことでかなり心配です。せっかく10時間かけて行くので、是が非でも晴れて欲しいところですが、こればかりはどうなるか神のみぞ知るです。
日頃の行いが悪いのであれですが、晴れることを期待したいです。


さて、先日の三連休の最終日に、暇つぶしがてら安土城へ行ってきたので、今日から3回ぐらいにわけて紹介していきます。
第1回目の今日は、入口から天守閣までの様子を紹介していきます。
まず、安土城の全景。

 安土城全景

安土城といっても天守閣なんかは既になく、城壁なんかの遺構が僅かに残っているだけなので、見た目は普通の山です。
ただ、石垣なんかが綺麗に整備されているので、それっぽい雰囲気が漂っています。

 安土城入口

こちらが、安土城の入口に設けられたチケット販売所。
景観に配慮した造りで、しっくりと溶け込んでいます。

 安土城坂その1

入場料を払って入口を潜った先に控えている坂がこちら。
写真でもうっすらとわかりますが、かなりの急傾斜で、夏はともかくとして冬の厳寒期には上り下りが大変そうな感じです。
この急階段をえっちらおっちらと登り、中腹でひとまず記念撮影。

 階段で その1

アップにすると意味がないので、広角で撮りましたが、お陰でカンナが小さくなってしまいました。
人が登ってくる気配を感じたので、さらに登って改めて撮影。

 階段で その2

急坂なだけあって少し登るだけで見晴らしが格段によくなります。
あじさいが枯れかかっていましたが、全盛期の時に訪れていればかなり綺麗だったと思われ、よい写真が撮れたような気がします。
アングルを変えてアップでもう一枚。

 階段で アップその1

さらに、アップ。

 階段で アップその2

アップで撮ると表情がはっきりと写りますが、その代わりに背景がぼけてしまい、野外撮影する意味が薄れてしまいます。
背景を鮮やかに浮かび上がらせるには、やはり被写界深度の深い広角レンズが必要なようです。
人が登ってきたので、再び登坂開始。
出迎えた坂がこちら。

 安土城坂その2

結構急な坂でうんざりしますが、引き返すわけにはいきません。
景気づけに一枚。

 階段で その3

階段が急なせいで煽り気味のアングルとなってしまいました。
この階段を登った先は平坦になっていましたが、その奥にはさらに階段がありました。
それがこちら。

 安土城坂その3

天守閣へと続く階段で、奥には城壁が見えます。
階段を登った先で一枚。

 階段で その4

同じポーズもつまらなかったので、ポーズを変えてみましたが、背景の摂り方に失敗したような気がします。
この階段の先には広場がありました。

 安土城坂その4

あまりパッとしませんが、階段が続くので嬉しいところです。
そして、この広場の奥に天守閣へと続く階段がありました。
それが、こちら。

 安土城坂その5

露出を自動的に補正しているため明るく見えますが、緑が深いため実際は結構薄暗く、独特な雰囲気を醸し出していました。

ということで、今日はここまで。
次回は天守閣と下りの様子を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/618-4e01264a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。