駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

旅するドール ~滋賀県醒井養鱒場~ 

昨日ドールキャリーを買えなかったので、ネットでよさげなキャリングバッグを探していましたが、なかなかよい物が見つからず難航。
レジェンドドールというサイトでキャリングバックを見つけましたが、韓国の業者にようで一抹の不安を覚えたので購入を見送りました。
リケを使ってるのでよっぽどのことはないと思いますが、面倒ごとはやはり避けたいのでやむを得ません。
ドール専用のキャリーバックの購入はひとまず諦め、代用できそうなバックを検索し、アマゾンで安いトートバックを発見。
キャプテンスタッグ大型収納トートバックというもので、千円弱というお手軽さ。
長さも役82センチと十分過ぎる大きさです。
ポリエステル製ということで、造りはかなりちゃちそうな感じですが、一回こっきりの旅行に使うだけなので、これでも十分な感じです。
バッグはこれで調達できましたが、このバッグにそのまま突っ込むわけにもいかないので、緩衝材がわりに白いバスタオルを買う予定。
高さが50センチぐらいあり、有珠と赤セイバー、それからオルタの3体を十分収納できそうなので、タオルは3枚買おうかなと思っていますが、手持ちのキャリーバックにはそに子とカンナの2体を詰め込んでいく予定でもあるので、果たしてこれだけの数を旅行に持っていく必要があるのかは不明です。
まあ、旅先に着いてから、家で留守番をさせていた子を連れて行けばよかったと後悔するよりはマシなので、目をつぶります。
ひとまず、ドールの運搬方法は決まりましたが、あとは岩手県のどこに行くか決めるだけです。
これが一番重要な気もしますが、ぶっつけ本番という話もあるわけで、こちらはのんびりと決めようかなと思っています。
連れがいるわけでもない気楽な旅なので、気の向くままというのも悪くはありませんし。



さて、先日届いたキャノンの撒き餌レンズの実力を試すべく、今日滋賀県の醒井養鱒場で野外撮影を行ったのでその紹介を行っていきます。
今回訪れた醒井養鱒場は、滋賀県の米原市にあります。
入口がこちら。

 醒井養鱒場入口

入場料がとられますが、450円と良心的な値段です。
入口から少し歩いたところに記念碑があります。
それが、こちら。

 醒井養鱒場記念碑

歴史を感じさせる古い物で、よい味が出ています。
この記念碑の奥には、こんな感じで養鱒場的な施設があります。

 醒井養鱒場養鱒池その1

 醒井養鱒場養鱒池その2

 醒井養鱒場養鱒池その3

人がいなければそれなりによさげなロケーションですが、休日とあって家族連れ、それも小さな子どもを連れた若い夫婦が多く、ドールを開帳するのは憚られたので、人目に付かない一番奥で撮影を行いました。
まずは、50mmレンズに換装して撮影。

  醒井養鱒場野外撮影50mmその5

 醒井養鱒場野外撮影50mmその1

 醒井養鱒場野外撮影50mmその2

 醒井養鱒場野外撮影50mmその3

単焦点レンズということで、ズーム機能はなく、徐々に距離をとっての撮影となりましましたが、50mmということで望遠効果が強く、一番下のサイズにするのにかなり距離をとらなければなりませんでした。
広角を期待していた身では、これは大きな誤算でした。
もっとも数字が大きくなるに従って望遠効果が高くなるのは当たり前の話で、このへんは我ながら迂闊でした。
ズームで撮り直したのがこちら。

 醒井養鱒場野外撮影ズームレンズその3

 醒井養鱒場野外撮影ズームレンズその1

 醒井養鱒場野外撮影ズームレンズその2

撮影場所は変わらず、倍率を変えての撮影ですが、単焦点レンズで撮影したものと比べると少し画質が悪いような気がします。
ズームの方が少しぼけが強いような気もしますが、このへんは腕が悪いせいでしょう。

50mm単焦点レンズとズームレンズを使ってみての感想ですが、素人なので正直なところあまり違いはわかりませんが、使いやすさで言えば圧倒的にズームレンズでした。
動かなくても手元の操作で自在に被写体の大きさを調節できるのは、当たり前といえば当たり前ですがやはり便利です。
一方の単焦点レンズですが、自分の足で調整しないといけないのは不便極まりませんが、描写力はさすがに高い気がします。
撮ってても今までとは違う感じでなかなかに面白いですし。
個人的には望遠よりも広角の方を必要としていたので、今回の50mmレンズは画角が狭すぎダメでしたが、これが24mmとかの広角だと違っていたような気がします。
今回の結果を踏まえ次買うのは広角ズームレンズにしようかと思っていますが、まふゆの抽選アナウンスがまだないのでしばらくはお預けです。
一番安い広角ズームレンズでもまふゆとほぼ同額なわけで、両方とも変えるだけの財力は残念ながらないので。

ということで、今日はここまでです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/611-32040482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。