駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

旅するドール ~福井県池田町 -池田自然歩道編- ~ 

ドール撮影の幅を広げるためにレンズを物色してますが、正直なところどのレンズがよいのかよく分からないので難航中。
単焦点の広角レンズか、選択肢を広げるため広角ズームレンズを買おうかと思っていますが、さすがに高いのでおいそれとは手が出ません。
一番安い奴でもオビツのオリジナル娘が1体余裕で買える値段になるし。
今のところはああでもないこうでもないとウィンドウショッピングというかネットショップ巡りをしていますが、このままレンズは買わずに終わるような気がしないでもないです。
基本は金のない貧乏人ですから。
とはいえ、このまま標準のズームレンズだけというのも楽しくないので、キャノンの撒き餌レンズEF50mmF1.8をひとまず購入しました。
このレンズならフィギュア一体分の値段で財布もそれほど傷まないので、物の試しという奴です。
今使っているカメラは、すっかりロートルとなってしまったEOS50Dですが、基本スペックは悪くないので買い替えるほどでもなく、もう少し使い倒したいというのが本音だったりもします。
まあ、かれこれ5年近く標準ズームだけで撮影してきたので、今さらという話もありますが。
ひとまず、今週中には届くようなので、届いたら暇つぶしがてらまた野外撮影にでも行こうかと思っています。

さて、先日の野外撮影の続きを紹介していきます。
今日はかずら橋の近くに設けられた自然歩道を紹介していきます。
最初に撮影地に選んだのは、かずら橋を下から眺めることができる小さな橋です。
橋から見たかずら橋はこんな感じ。

 遊歩道からかずら橋を見る

写真の中央に見えるのがそれで、自然素材を使っているせいで周囲の木々によく馴染んでいます。
この風景をバックにひとまず一枚。

 かずら橋を背景にその3

少しアップ。

 かずら橋を背景にその1

全景。

       橋の上で

そして、全景のアップ。

       橋の上でアップ

木陰のおかげで、いつものように白飛びすることなく落ち着いた発色となってくれました。
ぼけすぎてせっかくの背景が台無しですが、ズームレンズということでやむを得ません。
見た目はそれほど白く見えませんが、太陽の下に出るとカンナは白飛びを引き起こしがちなので、こういった日陰の方が撮影に向いているようです。
少し上流へ移動して、岩の上で一休み。

 岩に腰掛けて一休み

そのアップ。

 岩に腰掛けて一休みその2

川辺ということで緑の色も綺麗で野外撮影には悪くない背景ですが、日の光に曝されたせいかいつもどおり白飛びしています。
日差しを避けるように、遊歩道を引き返し下流へ。

 遊歩道で一枚アップ

ここも明るすぎたので、日差しを避けるため、階段を登って反対側へ。

 階段手前で一枚

アップ。

 階段手前で一枚アップ

カンナは目力のあるドールですが、こうしてみると宇宙人のグレイ的なものを彷彿とさせます。
まあ、好きなので、これでも可愛いと思ってしまうのですが。

今回撮影して、カンナは燦々と輝く太陽の下よりも、薄暗い日陰の方が似合う子だということに気づきました。
色白なせいで日の光の下ではどうにも白飛びしてしまいいただけないのですが、日陰だと本来の魅力を発揮してくれます。
隠花植物的な感じですが、それがカンナの魅力かなとも思います。

ということで、自然歩道の紹介はここまでです。
次回は、池田町の最後を締めくくるべく訪れた龍双ヶ滝を紹介します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/608-af47ee03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。