駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線第21回目 フルーツパーク駅 

ヤマトが夜逃げしてどうなるかと思っていたvmfですが、ヤマトの残党が素知らぬ顔で立ち上げたアルカディアがようやくパーツ供給を開始し、息を吹き返したような感じです。
パーツの販売開始日となった先週の土曜日に、アクセス過多のせいかHPがダウンしたようですが、パーツ販売についてすっかり忘れていた身としては、このアクシデントのおかけで日曜日の復旧にあわせてタイミングよくパーツを手に入れることができたのである意味幸運でした。
今回手に入れたパーツは、大人気の胸と下胴パーツではなく、太ももパーツです。
アクセスしたタイミングがよかったようで、胸パーツなんかも買うことができたのですが、予備が既にあるので見送ることにしました。
今にして思えば、次にいつ販売されるかわからないので、このチャンスに買っておけばよかったと思わないでもないですが、後の祭りです。
太ももパーツは、今使っているものが野外撮影で汚れてしまったので、その交換のため買ったのですが、当面は現状維持で変えずにおこうかなと思ってます。
今のパーツも十分使えますし、新品を付け替えるほどでもないので。
我ながら貧乏性だと思わないでもないですが、いつまた夜逃げするかわからないので、パーツは極力温存しておいた方が得策のような気もしますし。
アルカディアを信頼すればよいのでしょうが、商品ラインナップや値段、それからHPが落ちたときの対応を見るにつけ酷く不安になります。
とはいえ、関連商品の供給が完全にストップするのは致命的なことなので、アルカディアには是非とも頑張って欲しいところです。

さて、今日は前回に続き駅舎訪問を行うことにして、宮口駅の次の駅となる「フルーツパーク駅」を紹介していきます。
最初に駅の全景を紹介。

 フルーツパーク駅全景

駅蕎麦の踏切からの撮影となりますが、駅は1面1線の単式ホームを有した無人駅で、斜面に設けられています。
手前に見える建物は駅舎で、近づくとこんな感じです。

       フルーツパーク駅駅舎

小洒落た感じの駅舎で、それなりに立派な造りですが、造られてからそれほど経っていないような感じです。
無人駅ということで、駅員はおらず、改札もないため、入口からそのままホームへと向かうことができます。
続いて、ホームの眺めを紹介。
まず、新所原方面。

       フルーツパーク駅ホーム新所原方面

次に、掛川方面。

       フルーツパーク駅ホーム掛川方面

先に説明したように1面1線の単式ホームですが、ホーム幅は広く、それほど不便な感じではありません。
また、ホーム長も長く、機能的には十分な感じです。
最後に駅名表示札を紹介。

 駅名表示札

駅名表示札はデフォというか、三セクになってから造られたもののようで、新しめの駅には似合っています。

この駅は、大勢の子どもに遭遇したということもあり、比較的記憶に残っています。
駅自体は新造駅によく見られる可もなく不可もないもので、面白味は少ないものですが、名前が指し示すように近くにあるフルーツパークの客がそれなりに利用しているようで、そういう意味ではよい駅だと思います。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる「都田駅」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/604-3edb36e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。