駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

旅するドール ~さざれ石公園~ 

仕事も一段落し、天気も良かったので、野外撮影を敢行。
少し遠くまで足を伸ばしたかったのですが、前日にふと思いついたものだったので綿密な撮影プランを立てる余裕もなく、撮影先は既知の範囲内にせざるを得ず、久しく行っていなかった「さざれ石公園」をチョイス。
さざれ石公園に何か思い入れがあるのかといわれればそんなことはなく、人気が全くなかったことを思い出しての選択です。
さざれ石公園は、秘境というか山深い地にあり、周囲に民家もないおかげもあって、到着したときには管理人らしき女性の他は誰もおらず、ほぼ貸し切り状態でした。
これは、予定通りで、読みが当たってホッと一安心でした。
さざれ石公園といってもほとんどの人は知らないと思うので、最初に軽く紹介しておきます。

 さざれ石公園石碑

入口付近に建てられた石碑です。
その奥に鎮座しているのがこちら。

 さざれ石公園全景

公園の名前の由来ともなった立派なさざれ石で、苔むしたその様から、公園というより史跡といった雰囲気が強く漂っています。
ここから少し離れたところにはそれなりに広い芝生広場が設けられているので、ピクニックなんかを楽しむことができますが、遊具の類は一切ないので子ども向けではありません。
天気の良い日だったのでそれほど気にはなりませんでしたが、人里離れた奥地ということで、曇りの日なんかに行くといかにもな雰囲気が漂っていて少し怖かったりします。
さざれ石公園に来たということで、折角なのでまずはさざれ石と記念撮影。

 さざれ石とカンナ

手前の柵に座らせてみましたが、石のサイズが大きすぎて、豆粒サイズになってしまいました。
アップにしてみるとこんな感じ。

 カンナアップ

苔むした岩肌がバックのせいか少し絵面が汚いような気もします。
バストアップがこちら。

 カンナバストアップ

先日出向いたアイドールで入手した狐面を被せていますが、これが思いの外似合っています。
もともとカンナは狐顔なので親和性が高いのかもしれません。
あまり綺麗な画が撮れそうにもなかったので、さざれ石は諦め、近くで咲きかけていた山桜を利用して撮影を開始。

 桜とカンナその3 遠景

まずは遠景を一枚。
遠目で見るとお姉さん顔がなりを潜め、やや幼い感じにも見えます。
ちょうど逆光になっているので、そのせいで柔らかい印象になったのかもしれません。
左右それぞれから接写。

 桜とカンナその2 左

 桜とカンナその1 右

ちょうど逆光と順光の写真となりましたが、やはり逆光の方が輪郭が柔らかくなっていて雰囲気が順光のそれとは違います。
どちらも良い雰囲気ですが、個人的には逆光の方が好きです。
少しひいてもう一枚。

 桜とカンナその4 少し寄り

割と良く撮れたかなと思いますが、光が強すぎてホワイトバランスが崩れているのがいただけません。
最後に桜とカンナとを撮影。

 桜とカンナその5

狐面をとってもよかったような気がしますが、悪くはありません。
桜の咲き方は3分咲きといったところで、咲き方はまだ甘く少し物足りませんでしたが、葉桜に変わった近場の桜を思えば咲き残っていたのは幸運でした。
今回も撮影していて思いましたが、ポージングが思いの外難しいです。
ストーリーを組み立てて撮影すればよいのでしょうが、日頃そういったことは何も考えずに生きているので、アイデアが思いつかずなかなかに難しいです。
このへんは習うよりも慣れろと言うことで数の勝負になりそうですが、もう少し修行が必要な気もします。

次回は奈良か京都あたりに行きたいなと思っていますが、どうなるかは不明です。
またどこかに行ってきたらアップします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/592-37b703a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。