駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線第8回目 原田駅 

不要となったフィギュアを車に積んで、売り払いに行ってきました。
カーナビに折良くショップの住所が登録されていたので、地図も見ずにちんたらとクルマを走らせましたが、これが大間違いのもとで大失敗。
走れど走れど一向に辿り着かないので、車を路肩に寄せカーナビの目的地を見てみたら、全く違う店の名前が入力されてました。
エラーが出れば良かったのですが、たまたま同じ名前の会社があったのが運の尽き。
ナビは全く関係のない目的地を目指し律儀に案内してました。
気づいたのが遅れたせいで目的地から20㎞も離れた場所まで来ていたので、やむなく引き返す羽目に。
そこから30分ほどほどかけてなんとか目的の店の近くまで辿り着いたのですが、肝心の店の姿がどこにも見当たりません。
看板や幟が出ているとのことだったので、それらしいものを探し回りましたが、閑静な住宅がが広がっているばかりで店の姿はどこにもなく、入力間違いをしたのかと思い念のため店の電話番号をナビに入力してみましたが、同じ場所を表示するばかりで何も変わらず。
どうにも完全に詰んだようで途方に暮れましたが、ここで引き返すのも癪だったので、HPに掲載されていたポンチ絵レベルの地図を参考にぐるぐるとクルマを走らせ、一時間かけて何とか発見。
非常にわかりづらい場所にありましたが、どうも最近建てられたらしくかなり綺麗な店でした。
多分というか間違いなくカーナビに登録されていたのは昔の住所だったようで、まんまとはめられました。
買って1年も経たない車だというのに糞の役にも立ちません。
店に入って早速買い取りを依頼しましたが、量が量なだけに三十分ほど査定のために待たされることに。
で、買い取り結果ですが、予想では1体500円ぐらいで3万円ぐらいになれば御の字だと思っていましたが、予想を裏切り13万円とかなりの高額の買い取り額が出ました。
半分以上ゴミだと思っていたフィギュアばかりだったので、思いがけない結果に思わずにんまりとしてしまい、二つ返事でオーケーを出しました。
目出度くゴミの山が片付き、臨時収入も得られてホクホクです。
これで二の足を踏んでいたリリアとトレッキング用品も買えそうな感じです。
本当は今後に備え貯金しなければならないのですが、泡銭なので残りそうにもありません。
でも、捨てるしかないかなと思っていたフィギュアも、売れば高く買い取って貰えるのがわかったので、これは収穫でした。
棚に飾れる分以外は、漏れなく全て処分するつもりなので、どれぐらい戻ってくるか少し楽しみです。

さて、前置きが長くなりましたが、駅舎訪問をはじめます。
今日は「原田駅」を紹介していきます。
最初に駅舎の全景を紹介。

 原田駅全景

大きめな道路沿いに建てられていましたが、交通量が少ないせいで少し閑散とした雰囲気が漂っていました。
写真にもうっすらと写っていますが、歩道の柵に駅名が描かれています。
駅名をこういう形で表示している駅は見たことがなく、なかなかに珍しい気がします。
続いてホームの眺めを紹介。
まず、掛川方面。

       原田駅ホームその1

次に、新所原方面。

       原田駅ホームその2

1面1線の単式ホームで、ホームはそれほど長くはありません。
完全な無人駅で、雨風除けの待合所がホームの中ほどに設けられていますが、スペースが狭く大雨の時には役に立たなさそうな感じです。
最後に駅名表示札を紹介。

 原田駅駅名表示札

待合所の中に掲げられていたもので、他の駅のそれとはデザインが異なっています。

この駅は新しく作られた無人駅ということで、見所はあまりありませんが、ロケーション的にはなかなかによく雰囲気のある駅でした。
もう少し年月が経てばもっと良くなるような気がします。

ということで、今日はここまで。
次回は戸錦駅を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/579-4f2b8e84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。