駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

東京旅行~ミリタリーショップ編~ 

正月休みも今日で終わり、明日から嫌な嫌な仕事が始まるということで、正月を締めくくるべく実家に帰ってお社へ初詣に行ってきました。
このお社には、遠くに初詣に行くのも面倒だと大学時代にお参りして以来、気づけば毎年欠かさずお参りしているのですが、山の中にある小さな祠なので、奉られている神様がなんなのかは今もって不明だったりします。
土地神様のようなのですが、社務所も何もなくただ小さな祠があるだけなので、正確なところは不明です。
田舎とはいえ昔ながらの集落ではなく、新興住宅地なので口伝なんかもないですし。
なので、どんな御利益があるのかは不明で、奉られている神様もひょっとすると荒神の類だったりあるいはそもそも神様ですらない可能性もありますが、あまり悪いことも起こっていないのでそれなりにご加護があるのかもしれません。
まあ、気持ちの持ちようなので、御利益があろうとどうだろうと関係ないのですが。
何よりお参りしないとなんというか居心地が悪い気分になるし。
ということで、有名神社ではなく、わざわざ2時間近くかけて実家に帰り、小さな小さなお社にお参りをしたしだい。
お陰で新しい年が来たという実感がようやくわき、今年一年頑張っていこうかという気になりました。
コミケのお陰で少し正月気分がもてませんでしたが、やはり一年の計として初詣は大切なようです。

さて、今日は年末の東京旅行のレポートの最後となります。
今回の東京旅行の目的はコミケだったのですが、そのほかにミリタリーショップ巡りも東京旅行の大きな目的でした。
近所には2軒玩具屋があり、名古屋に足を伸ばせばフォートレスやタムタムなどのお店もあるので、そこで装備を買い揃えることもできるのですが、いかんせんBDUの品揃えが貧弱なので、東京で買い揃えることにした次第。
ということで、コミケ2日目の30日をフリーにして、予め調べておいたお店を巡りました。
まず、訪れたのが上野の中田商店。
それが、こちら。

 中田商店その1

生憎の雨でしたが、年末と言うことでアメ横の人出はかなり多かったです。
中田商店は実物軍用品の老舗ということもあり、今回いの一番で訪れてみたのですが、どれもこれも値が張る上に好みのものが置いておらず、少しがっかりでした。
ミリタリーショップとサバゲグッズとは似ているようで少し性質が違うようです。
やむなく少し離れた御徒町店へ。

 中田商店その2

ぱっと見はどこかの会社の倉庫のような感じです。
お店の中には商品がすし詰め状態で並べられ、少し入りにくい雰囲気が漂っていました。
ミリタリー商品の品揃えはさすがでしたが、やはり欲しい物が見つからず断念。
上野の〆として、冷やかしも兼ねてファーストへ。

 フォートレス

最近開店したということでお店はかなり綺麗でした。ファーストは2階と3階の2フロアを借り切っていて、2階が銃やパーツなどを販売していて、3階がBDUや装備品を扱っていました。
なかなかの品揃えでしたが、欲しい物があまりなく、お土産代わりにレールカバーを購入。
上野を離れて続いて池袋のサムズミリタリ屋へ。

 サムズ

このお店は少々わかりづらい場所にありますが、2階にお店があり、写真の左手に見える入口から階段を上がっていく格好となっています。
お店の中は中田商店と同じく商品がすし詰め状態で置かれていて一種独特な雰囲気があります。
このへんは玩具屋というよりミリタリーショップならではのもののような感じです。
ここでも欲しい物はなかったので、続けて赤羽のフロンティアへ移動。
お店はこんな感じ。

 赤羽フロンティアその1

赤羽駅から徒歩五分ほどの場所にあります。
手前がフロンティア2号店で銃のパーツなんかを販売しています。その奥にあるのが系列店のトルーパーズで、BDUなんかの装備品を取り扱っています。
さすがに名の知られた店だけあってBDUなんかはかなり充実していました。
心動かされた商品もありましたが、ひとまず保留して、フロンティア本店へ。

 フロンティア本店

2号店から少し離れたところにあり、本店という割には少し小さめで、品揃えも2号店と比べると少なく見るべきものがほとんどなく少し肩透かしでした。
店員が少し癖のある感じだったのも難で、早々と退散。
最後に秋葉原に戻ってエスアンドグラフへ。

 エスアンドグラフ

秋葉原と言うよりは末広町になるのですが、BDUの品揃えは随一で、フロンティアで気になっていた商品も置かれていたこともあって、ここでBDUを揃えることにして行脚を終了。
このお店で買ったBDUは、フレック迷彩ジャケットとズボン、そして帽子の三点。
しめて1万7千円ほどで、少々痛い出費でしたが、長い目で見れば損はないのでよしとします。
このエスアンドグラフの近くにはエチゴヤがあり、エアガンや装備品なんかを扱っているので、この2つのお店を回れば必要な物はほとんど手に入ります。
また、秋葉原には他にもアソビットシティやウィリービートなんかのショップもあって、サバゲのアイテムを揃えるのには十分過ぎるほどのお店があります。
なので、今回私がしたように都内各地のお店巡りをしなくとも、秋葉原で全てが事足ります。
まあ、色んなお店を見て回るのは楽しいので悪くはないのですが、私みたいに田舎から上京して時間もそれほどないという場合には、秋葉原のお店を回るだけで十分な感じです。

ということで、今日はここまで。
次回からは撮り溜めている駅舎の紹介をします。
スポンサーサイト
小旅行  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/571-2df5686a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。