駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ 美樹さやか(魔法少女)」 

ドールの移動で散らかった部屋の後片付けがてらいらない本を処分すべく本棚を整理。
物心ついたときから読書が趣味で、今まで毎月大量に本を買い込んでは読んでいましたが、今は昔で最近は漫画雑誌しか読まなくなりました。
いい歳したオッサンとしてはどうかと思いますが、エンタメとして楽しめる本が減ってしまったのでやむを得ません。
それに何よりドールとフィギュアに金を吸い取られ本までお金が回らない状態だし。
本はフィギュアと違って小まめに売り払っていちおう厳選を重ねて残してきたものなので、いざ処分しようとなるとなかなかに作業が進みません。
とはいえ、少なくともこの一年間一切触れておらず、なくても問題ないのは火を見るより明らかだったので、心を鬼にしてザックリとブックオフ行きのダンボールへ投入。
おおよそ120冊ほどダンボールに詰め込んで、ひとまず作業は終了。
結構な量だと思ってましたが、実際空いた面積を見るとそれほどでもなく、残っている本の数を想像するとぞっとさせられます。
まあ、フィギュアと違っていざとなれば全部ブックオフに持っていけば済むので、あれですが。
もう昔のように未練もほとんど残っていないし。
本を詰めたダンボールをブックオフに持ち込みそのまま売り払いましたが、単行本ばかりだったということもあって買い取り金額は僅か5千円ほど。
一冊当たり40円強といったところで、換金率としてみればかなり悪いです。
とはいえ、ゴミとして捨てなければならない物なので、処分費を考えれば上々な成果ではあります。
でも、古本でこれだけ買い叩かれるので、フィギュアを売り払っても同じように二束三文で買い叩かれるのが目に見えていて、実際処分するときには捨てる気持ちがないと売り払うのは無理なような気がします。
もっとも、そんなことをいっていると、機を逃してしまい買い取り先すらなくなるような気がしないでもないですが。
フィギュアも昔と比べると随分と斜陽化しつつありますから。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのはねんどろいどぷち魔法少女まどか☆マギカ「美樹さやか(魔法少女)」です。
最初に全景を紹介。

       ねんぷちさやか正面

いわゆるぶーんポーズですが、ねんぷちのせいかそれほど変には見えません。
造形や塗装はBOX物クオリティで、可もなく不可もないといったところです。
くるっと回すとこんな感じ。

       ねんぷちさやか左正面

       ねんぷちさやか左側面

       ねんぷちさやか左背面

       ねんぷちさやか背面

       ねんぷちさやか右背面

       ねんぷちさやか右側面

       ねんぷちさやか右正面

塗装の粗さが少々気になりますが、造形的には破綻なく上手く仕上がっていると思います。
お腹のソウルジェムがクリスタルだったらなおよかったところですが、さすがに細かい箇所なのでBOX物だと無理な話かもしれません。
最後にバストアップを紹介。

       ねんぷちさやかバストアップ

顔立ちは他の魔法少女と同じで、似ているようで似ていない感じの微妙な仕上がりです。

美樹さやかはマントがある分だけ他の魔法少女よりも見栄えは良い感じでした。
欲を言えばブーン姿ではなく、さやかの得物であるサーベルを付属パーツとして付け、二刀流の姿で再現して欲しかったところですが、魔法少女姿はキービジュアル縛りのようなのでそもそも無理な話なのかもしれません。
塗装は全体的に粗めで、ややその粗さが目に付く仕上がりでそれがマイナスでしたが、全体的な出来はそれほど悪くはないものでした。

ということで、今日はここまで。
次回は魔法少女まどか☆マギカ「佐倉杏子(魔法少女)」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/566-00f78873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。