駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち 涼宮ハルヒの憂鬱#2 朝倉涼子(戦闘態勢)」 

最終詐欺で名を馳せた希有馬屋がまたしてもやってくれました。
誰も問わぬのにフィギュア全ての金型を破棄しますと自ら宣言しておきながら、今頃になって超看護婦ミルキーウェイほたるちゃんコマンダー・エリカちゃんのリペイント版をリリースしやがりました。
人として色々とどうよと思いますが、フィギュアから手を引くと言いながらも未だに同人誌のおまけにミニフィギュアを付けてたりしてるので、やはりというかなんというかフィギュアにはまだ未練があるのかもしれません。
もっとも、今回のリリースは同人サークルの希有馬屋からではなくれっきとしたフィギュアメーカーであるビートからであり、扱い的には今までのような同人フィギュアではなくなるので、嘘をついたことにはならず、あまり強く非難することはできないのですが。
今回のリリース自体もひょっとすると発売元のビートが企画したものかもしれませんし。
とはいえ、ミルキーウェイほたるちゃんを求め寒い中わざわざ幕張まで出向いたり、これが最後とばかりにホビージャパンの琴音にまでお金をつぎ込んだ身からすれば、何というか裏切られた感が満載でどうにもやりきれません。
個人的にはホビージャパンの琴音で幕を引いたままでおいて欲しかったというのが本音です。
琴音の出来自体は大概酷いものでしたが、同人で頑張ってきた集大成としてホビージャパンでのリリースがあったわけで、ある意味一番綺麗な締めくくり方になっていましたから。
まあ、そうはいっても最終シリーズを買えなかった新規参入者からしてみれば、今回のリペイント版の販売は悪くない話なので、大目に見るべきことなのかもしれません。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日はねんどろいどぷち涼宮ハルヒの憂鬱#2のラストとなる「朝倉涼子(戦闘態勢)」を紹介していきます。
最初に全景を紹介。

       朝倉戦闘正面

ナイフverとパッと見大差ない見た目となっています。
くるっと回すとこんな感じ。

       朝倉戦闘左正面

       朝倉戦闘左側面

       朝倉戦闘左背面

       朝倉戦闘背面

       朝倉戦闘右背面

       朝倉戦闘右側面

       朝倉戦闘右正面

造形や塗装のクオリティは当たり前ですがナイフverのそれと同じレベルです。
ナイフverとは獲物以外にも表情や腕パーツなど色々と変えられてはいますが、制服姿ということであんまり違いが目立ちません。
最後にバストアップを紹介。

       朝倉戦闘バストアップ

笑顔になっているせいで戦闘態勢という雰囲気ではありません。
ここは長門と同じくキリリ顔にして欲しかったところですが、こういうキャラなのかもしれません。

この朝倉涼子(戦闘態勢)は、ナイフverと見た目の差異が少ないせいもあって、がっかり感が否めません。
せめて服装なりを変えてくれればもう少し違っていたかと思われ残念です。
まあ、こちらを変えるより、ポージングその他が被るナイフverを別な姿にしておけばよかっただけの話で、企画の段階で間違っていたような気がします。

ということで、今日はここまで。
次回はフィギュアレビューとなります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/541-8f56938c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。