駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー マックスファクトリー謹製「キャサリン」 

禁煙してから約4ヶ月。
喫煙衝動も以前と比べるとだいぶ減り、時折無性に吸いたくなるのを除けば、日常生活の中でタバコを吸いたいと思うこともほぼ無くなりました。
このままつつがなく卒煙できそうな感じでしたが、そうは問屋が卸さないようで、思わぬ副作用が発生。
6年前に患った睡眠障害がここに来て再発しました。
今までは睡眠薬で何とか人並みの睡眠を確保していましたが、ここ二週間ほどの間に強烈な早期覚醒に襲われ、朝の4時ぐらいに目が醒めてしまう有様。
睡眠障害を発症した時には入眠障害も併発していて、正味2時間ほどしか寝られない状態だったので、それを思えば4時間ほどは眠れる今の状況はまだマシなのですが、そうはいっても仕事中や運転中に酷く眠くなったりしてかなりキツイです。
最初は単純に今飲んでる睡眠薬が効かなくなったものと思っていましたが、ネットでググってみたら禁煙すると高確率で睡眠障害が発生するということが判明。
言われてみれば睡眠障害に罹った時期と最初の禁煙をした時期とがちょうと重なっていて、思わぬ所で病んでしまった本当の理由を知ることができました。
睡眠障害を発症した時は、我が人生でも暗黒時代ともいえる裏日本の片田舎にある支社に飛ばされてた時期で、てっきり裏日本特有のじめじめとした風土と退屈な仕事とで心が病んでしまったからとばかり思っていたので、これは目から鱗な話で色んな意味で安心しました。
本当の意味で心を病んでしまったわけではないことになりますから。
既に睡眠薬を常用しているので、克服しようと思えばより強い薬で押さえつけるのが一番手っ取り早いですが、薬中になりそうな気がしないでもなく、さすがに躊躇われます。
まあ、今ではすっかり薬漬けで、薬無しでは眠れない体になってしまってたりするので、あれですが。
下手な策を講じて今みたいな泥沼にはまるのも嫌なので、しばらくは様子見するつもりですが、今さらながらタバコに手を出した自分の迂闊さを呪いたくなります。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのはマックスファクトリーの「キャサリン」です。
最初にパッケージを紹介。

 キャサリンパッケージ

ウィンドウに描かれたキスマークが目を惹きます。
ブリスターがこちら。

 キャサリンブリスター

台座と本体だけが封入されたいたってシンプルなものです。
で、本体。

       キャサリン正面

上に突き出した足も艶めかしく、なかなかに妖艶に仕上がっています。
くるっと回すとこんな感じ。

       キャサリン左正面

       キャサリン左側面

       キャサリン左背面

       キャサリン背面

       キャサリン右背面

       キャサリン右側面

       キャサリン右正面

背中の丸まったラインや足のラインがかなり秀逸です。
また、服はオカルト学院のマヤと同じくパール塗装で仕上げられていて、見た目もなかなかに綺麗です。
細かい所はこんな感じ。

       キャサリン胸

       キャサリンストッキング

       キャサリン背中

       キャサリンスカート

細部まできちんと造られていて、塗装も色むら無く綺麗に仕上げられています。
惜しむらくはパンツがスカートと一体になってしまっているところですが、目立つ箇所ではないので許容の範囲内ではあります。
続いてバストアップを紹介。

       キャサリンバストアップ右正面

       キャサリンバストアップ正面

       キャサリンバストアップ右正面

ほどよい胸の大きさと整った顔立ちとで見た目はかなり良いです。
右側から見ると顔と髪パーツの分割線が際立って見えてしまうのが残念なところですが、ポーズ的にこの角度から眺めることはあまりないので無問題です。
また、巻き毛の処理も秀逸で、クエスチョナーズのラクエルロリータのそれと比べると天と地ほどの差があります。
最後に顔のクローズアップを紹介。

       キャサリンクローズアップ右正面

       キャサリンクローズアップ正面

       キャサリンクローズアップ左正面

髪の毛にもだるさはなく、唇のグロスの塗装も綺麗に仕上げられています。

このキャサリンは予約しようかどうかかなり迷い、脱げないという理由で予約を見送ったものですが、発売後のレビューを見て買うことにしたフィギュアです。
欲しいと思ったときにはほとんどの通販で売り切れになってしまっていて、アマゾンでしか買えなくなっていたので、売り切れるのが怖くてすぐさま飛びついてしまったのですが、これが痛恨の判断ミスでした。
蓋を開けてみたら今でも余裕で買えるだけでなく、じりじりと値を下げていて今では買ったときと比べて千円近く下がってたりします。
アマゾンだけ売り切れていなかったことを考えれば、大量に在庫を抱えていたたことが窺え、投げ売りになることは自明の理で、我ながらあまりに迂闊でした。
とはいえ、このフィギュアはかなり良い出来なので、買い逃したときのことを考えれば買ったこと自体に悔いはありません。
見て良し飾って良しのフィギュアで、原作を知らない身でも十分鑑賞に耐えうるものなので、興味があれば買ってみるのも良いかと思います。
ただ、まだ値が下がりそうなので、もう少し様子を見てからにしてもよいかもしれません。

ということで、今日はここまで。
次回からはねんどろいどぷちを紹介していきます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/536-78a1fceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。