駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー オーキッドシード謹製「コミック阿吽 2008年12月号表紙イラスト 藍沢奈緒」 

ボークスの2月の新作ドレス発表会ということで、いつも通りWEB参戦。
今回は3月にドルパがあるせいか、目玉商品がなくパッとしないものでしたが、季節商品となるコートが単品で出品されるので、それを目当てに参戦することにした次第。
11時ジャストでログインし、速攻でお目当てのホワイトダッフルコートをカートに放り込みましたが、毎度のごとく即完売でカートには入らずじまい。
とはいえ、ここからがWEB通販の本番で、チクチクとリロードを繰り返して放流分の回収を開始。
ドレスは結構な頻度で復活しては消えていきましたが、お目当てのダッフルコートは全然復活せず、じりじりと時間が過ぎていくばかり。
12時の追加補充待ちかなと思った頃に、商品が追加補充されたのか一斉に商品の在庫が復活。
このチャンスを逃すわけにはいかず、ひとまず天使のころものコート三種を全て回収することにして作業開始。
カートに入れては再びドレス購入画面にログインし直すといった手順になり、全部拾えるか冷や冷やしましたが、案外在庫が潤沢だったようで無事全部回収することに成功。
本当はホワイトダッフルコートしか買わない予定でしたが、せっかく確保できたのを放流するのも忍びなく、三種とも買い上げることにして戦線離脱。
買った後にくま耳パーカーはいらなかったかもとも思いましたが、決済が済んでしまったので後の祭りです。
全部で1万円ちょっととそれほど無駄遣いせずに済みましたが、今月はこの代金を支払うとあと1万円しか手元に残らず、結構ピンチだったりします。
我ながら買い物依存症気味で少し自制しないといけないと思わないでもないですが、フィギュア同様一期一会の世界なのでやむを得ません。
にしても、フィギュアと手が切れそうだと思ったら、今度はずぶずぶとドール沼に沈み始めていて、ちっとも生活が楽になりません。
収集癖が全ての原因かと思いますが、本能のレベルで刷り込まれていて今さら矯正できるわけもなく、我が身の業の深さを呪うより他ありません。
まあ、収集癖がなくなると、本当に何が楽しくて生きているのかわからなくなるので、あれなんですが。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのはオーキッドシードからリリースされた「コミック阿吽 2008年12月号表紙イラスト 藍沢奈緒」です。
最初にパッケージを紹介。

       藍沢奈緒パッケージ表

       藍沢奈緒パッケージ裏

パッケージは正方形の小さなもので、ハロウィンをテーマにしたデザインとなっていました。
裏面には元絵が描かれていて、キャラを知らない身には有り難い配慮です。
ブリスターがこちら。

       藍沢奈緒ブリスター

追加パーツはほとんどないのでブリスターはシンプルなものです。
で、本体。

       藍沢奈緒本体

丁寧に仕上げられていてまずまずの出来です。
台座は下に敷くだけのもので、外して飾ることも可能です。
台座を除けた八方向からの眺めはこんな感じ。

       藍沢奈緒正面

       藍沢奈緒左正面

       藍沢奈緒左側面

       藍沢奈緒左背面

       藍沢奈緒背面

       藍沢奈緒右背面

       藍沢奈緒右側面

       藍沢奈緒右正面

塗装や造形に粗はなく綺麗に仕上げられています。
特に足に履いたタイツの星柄が滲みも無くきちんと再現されているのがなかなかの好印象です。
まあ、これが潰れてたら洒落にもならないのですが。
細部を少し紹介。

       藍沢奈緒胸

       藍沢奈緒腕

       藍沢奈緒足

細かな所まできちんと手抜かり無く再現しています。
ちなみに、手を置く部分には窪みが作られていて、本体の指はきちんと造形されています。
続いてバストアップを紹介。

       藍沢奈緒バストアップ右正面

       藍沢奈緒バストアップ正面

       藍沢奈緒バストアップ左正面

なかなかの美形で、髪の毛にもだるさはありません。
クローズアップするとこんな感じ。

       藍沢奈緒クローズアップ右正面

       藍沢奈緒クローズアップ正面

       藍沢奈緒クローズアップ左正面

アイプリも綺麗なもので癖のない良い顔です。
髪飾りのリボンの金色が少々野暮ったい感じではありますが目を瞑れる範囲内です。
最後にキャストオフ姿を紹介。
まず、マントを外した姿。

       藍沢奈緒マント無し

マントを外すだけでかなり雰囲気が軽くなります。
次に、ブラを外した姿。

       藍沢奈緒ブラ無し

胸の造形と塗装はきちんと手が入れられていて、デコマスのそれよりも綺麗に仕上がっています。
ただ、胸の造形が少々大きすぎるような気がしないでもないです。
マントをつけるとこんな感じ。

       藍沢奈緒裸マント

これが一番しっくりとくる姿かと思います。

この藍沢奈緒は、デコマスでは胸の造形がかなり雑で少々不安になるものでしたが、製品版ではきちんと改修され綺麗なものになっていました。
ただ、相変わらずのオーキッドシード塗装で、マントの脱着をしただけで色移りしてしまい、これが少々いただけませんでした。
また、首の取り外しが難しいのも少々ネックです。
首と頭部との接合部がかなり固く、迂闊にも無理矢理外したらぶつりと切れてしまいました。
飾る分には支障が無いのでまだ良かったのですが、見えないところとはいえ壊れると地味に凹むので、頭部を着脱する際にはドライヤーなりできちんと温めてから行ったほうが良さそうです。
それと、尻尾の付け根が壊れやすく、このへんの取り扱いも要注意です。
この藍沢奈緒は、少々扱いづらいですが、出来自体は悪くないので、買ってみるのも悪くないかと思います。今なら絶賛投げ売り中ですし。

ということで、今日はここまで。
次回もフィギュアレビューとなります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/534-419f69db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。