駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 樽見鉄道樽見線編第7回目 「モレラ岐阜駅」 

年末休暇に入ったもののやることも無く退屈です。
大掃除でもすれば部屋は綺麗になるし良い暇つぶしにはなるしで一石二鳥な気もしますが、部屋があまりに汚くやる気が起きません。
というか、コレクションの数が多すぎて部屋の中がカオスな状況で、どこから手をつけていいのかがわからないというのが実情です。
今のところまだ床は見えているので、その気になれば何とか綺麗にすることもできそうな気もしますが、このまま放っておくとそのうち床が見えなくなりそうで色々と怖いものがあります。
まあ、ドールに手を出したお陰か、フィギュア収集に対する情熱もだいぶ失せてきたので、これ以上嵩張る荷物が増えることはないので良いとは思いますが。
それにしても、冬コミに参加できないというのは、なかなかに辛いものがありますす。
昨年の冬コミに参加したときの高揚感は今でも忘れられず、今年起きた嫌なことを忘れるためにもあの興奮を再び味わいたいのですが、いかんせん軍資金がないのでなんともしようがありません。
こんなことならドールのうちどれか一体、というかそに子を予約しなければ良かったと思いますが、今さらな話ではあります。
そに子が着弾していればこの年末もまた違ったものになっていたかもしれませんが、年越しが確定した今となってはコミケ費用に充てた方が有意義だったのは間違いなく、我ながら愚かな選択をしました。
コミケに行けない寂しさを紛らわすため、とらのあなを覗いて蛸壺屋の新刊を買ってみたりしましたが、ネット通販で同人誌を買ってもちっとも面白くもなく、来年の冬コミにはなんとしても参加したいものです。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日紹介するのは北方真桑駅の次の駅となる「モレラ岐阜駅」です。
最初に駅舎を紹介。

 樽見鉄道モレラ岐阜駅駅舎

最近作られたばかりのようで真新しいですが、見た目はバスの待合所のそれで、ホームとも直接接しておらず、単独でポツンと建てられています。
駅前を見るにホームとつなげることもできたと思われ、何故このような形にしたのかは不明ですが、これを駅舎と呼ぶのは少し苦しいものがあるかもしれません。
続いてホームを紹介。
全景がこちら。

 樽見鉄道モレラ岐阜駅ホーム

ちょっとわかりにくいですが、写真の真ん中に伸びているコンクリートの擁壁がホームで、駅舎から十メートルほど離れた場所にあります。
ホームの眺めはこんな感じ。
まず、大垣方面。

 樽見鉄道モレラ岐阜駅ホーム大垣方面

次に、根尾方面。

 樽見鉄道モレラ岐阜駅ホーム根尾方面

1面1線の単式ホームとなっていて、駅舎同様ホームも真新しく、設備やアスファルト舗装は綺麗なものとなっています。
ホーム幅は少し狭めですが、それほど混むような感じでもないので、これだけの幅があれば十分なのかもしれません。
ちなみに、ホームの両側から上り下りできるようになっていて、根尾側の端にはバリアフリー対策としてスロープが設けられています。
走っている気動車の編成を考えるとホーム長がやや長い気がしますが、短すぎるよりはマシではあります。
最後に駅名表示札を紹介。

 樽見鉄道モレラ岐阜駅駅名表示札

今までの駅の駅名表示札に似ているようで微妙に違うデザインとなっていて、第三の形式となるものでした。

この駅は、すぐ側にある大型ショッピングモールのために作られたもので、最近開業したということもあって全体的に綺麗で使い勝手も悪くなさそうでした。
ただ、今までの駅のように国鉄時代の遺構を愛でたり古き良き時代に思いを馳せるたりすることはできないので、イマイチ面白味には欠けていました。
また、せっかく駅舎というか待合所を作っているのに、ホームと接続させておらず、こちらもマイナスでした。
せっかくならきちんとした駅舎を作って欲しかったところです。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる「糸貫駅」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

No Title

待合所及び駐輪場は本巣市が建設、土地は市の所有物です。
ホームの設備すべてが、モレラ岐阜が寄付したものです。ホーム及び設備で3000万円以上かかったとか何とか。

max #- | URL | 2012.02.22 18:55  edit

Re: No Title

> 待合所及び駐輪場は本巣市が建設、土地は市の所有物です。
> ホームの設備すべてが、モレラ岐阜が寄付したものです。ホーム及び設備で3000万円以上かかったとか何とか。

有意義な情報をご提供いただきありがとうございました。
谷口組駅に続きこちらも初耳なことで、我ながら勉強不足の感が否めずお恥ずかしい限りです。
でも、ホーム及び設備で3000万以上するとはびっくりしました。

ニコロコ #- | URL | 2012.02.23 00:12  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/513-210be439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。