駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー ネイティブ謹製「トランクガール」 

禁煙生活1週間目。
ドール趣味の開始に伴い、月に2万円も費やしているダバコの資金をドールへと再配当すべく禁煙を始めたわけですが、初めてみるとやはりなかなかしんどいものです。
アルコール中毒のような苛烈な禁断症状が出るわけではなく、タバコの禁断症状なんて可愛いものですが、ライフスタイルががらっと変わるので、禁断症状よりもむしろこちらの方が結構きつかったりします。
特にきついのが一連の動作として染みこんでしまっている喫煙スタイル。
食事の後や朝起きたときの目覚めの一服など、生活の中で機械的に一連の行動として身についている喫煙習慣が思ったよりも多く、結構な頻度でタバコが吸えないというシチュエーションに遭遇しフラストレーションが溜まっていきます。
ダバコを吸いたくなったら飴を舐めたりしてなんとかやり過ごしてますが、なかなかどうして大変です。
これが単に健康を考えてという理由だったら、とっくの昔に音を上げドクターストップがかかるまで吸ってたところですが、新しくお迎えするドールのことを考えるとそう簡単には止められません。
金銭的な理由もありますが、ドールを連れての野外撮影を目論んでいて、それを実現しようとなるとどうしても禁煙が必要となりますから。
何故かと言えば、ドールの野外撮影ともなれば必然的に人目の付かない場所での撮影となり、車で移動することが必要になるわけですが、車の中で容赦なく煙草を吸っている現状では、とてもドールを車に乗せて運ぶことなんてできません。
せっかくのドールにヤニが付くのも嫌ですし、何よりも綺麗な衣装にタバコの臭いが染み付くのは耐えられません。
ドール三体が着弾するまでの間に何とか禁煙を成功させねばなりませんが、今の調子だと成功しそうな気がしないでもないです。
とはいえ、好事魔多しという諺もあるので、気をつけないといけませんが。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのはネイティブの「Trunk-Girl(トランクガール)」です。
最初にパッケージを紹介。

トランクガールパッケージ

今回のパッケージは今までのと違ってそれほど凝ったものではありませんが、なかなか高級感ある仕上がりです。
ブリスターがこちら。

トランクガールブリスター

ほぼ完成状態で詰め込まれていますが、アクセサリーパーツが少し目を引きます。
全部組み立てた本体がこちら。

トランクガール本体全景

髪の毛の一部がデコマスのそれと形状が異なってしまっていますが、それ以外は大した劣化も無く綺麗に仕上がっています。
このへんはさすがネイティブといったところでしょうか。
くるっと回すとこんな感じ。

トランクガール本体正面

トランクガール本体左正面

トランクガール本体左側面

トランクガール本体左背面

トランクガール本体背面

トランクガール右背面

トランクガール右側面

トランクガール右正面

髪の毛の造形に不自然さが少しありますが、もともとは床に直置きしたイラストを立体化したものなので、髪の毛は床に広がることを前提に作られていると思われ、このへんはやむを得ないところかもしれません。
ほぼ裸に近いですが、髪の毛の造り込みなど造形についてはほぼ及第点の仕上がりです。
ちなみに、展示用の台座は、フィギュアの自重を活かし二本の爪でトランクケースを引っかける格好となっていて、ダボ穴無しで飾れるようになっています。
フィギュアの細部はこんな感じ。

トランクガール銃

トランクガールトランクダイヤル

グロックと思われるハンドガンの墨入れは少々雑ですが、トランクのダイヤルは細かく造り込まれていて悪くありません。
バストアップを続いて紹介。

トランクガールバストアップ右正面

トランクガールバストアップ正面

とラングガールバストアップ左正面

角度限定気味で正面ないしは左正面以外から見るのは少しきつい感じです。
顔をさらにクローズアップしたのがこちら。

トランクガールクローズアップ左正面

トランクガールクローズアップ正面

トランクガールクローズアップ右正面

アイプリがやや薄くタンポ印刷と言うよりデカールを張ったような感じです。
顔の造りは好みが分かれますが、デコマスのそれと大差ない仕上がりで、個人的にはありです。
最後に胸のパーツを変えキャストオフした姿を紹介しておきます。

トランクガールキャストオフ

胸のブラがぱっくりと外れそこに胸造形がされたパーツを差し替える形になっています。
遠くで見る分には違和感なくよいのですが、近くで見ると段差が気になり正直ちょっといただけません。
ここは正攻法でブラをきちんと別パーツで成形すべきだったと思いますが、ポーズやなんやかんやで別パーツにするのが難しかったのかもしれません。

このトランクガールは、ネイティブらしくデコマスからの劣化が少なく、なかなか高いレベルでまとまっていたフィギュアでした。
発売直後某大型掲示板でネガキャンが展開されてましたが、実物を見る分には許容の範囲内のレベルのもので、見えない敵と戦っている感が否めずついて行けなかったのが正直なところです。
とはいえ、ネガキャンで指摘されたように、キャストオフパーツの段差については少し目に余るものがあり、これだけが唯一の欠点でした。
パーツ差し替えで無く、ブラ部分のみシリコン製の別パーツにするなりして、なんとか綺麗に仕上げて欲しかったところです。
とはいえ、ほぼデコマスどおりの仕上がりになっていて、トランクガールに惚れ込んで予約した身からすれば十分満足のゆくもので買って損のなかったものです。

ということで、今日はここまで。
次回もフィギュアレビューとなりますが、土曜日はサバゲの定例会なので更新は日曜日になります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/490-64777d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。