駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー サークル希有馬屋謹製「中国嫁Bセット(キメ顔型) 王先生」 

今日は久しぶりの合コン。
二十代の頃なら喜び勇んで突撃してましたが、三十路を軽く過ぎた今となってはただただ面倒臭くてしょうがなく、きちんと断っておけば良かったと後悔すらする始末。
そもそも、今まで合コンに参加しても良いことがあった試しなどなく、今回も同じ轍を踏むことになるのは自明の理で、時間とお金を無駄に浪費するだけですから。
勝てる見込みのない合コンに行くぐらいなら、今夢中になっているドールにお金を使った方がよほどマシですが、引き受けておきながら今さらドタキャンするのも信義則に反するので、なんというか色んな意味で迂闊でした。
この金があればドール用の服を調達できると思うとお金をドブに捨てた気がしてなりません。
まあ、職場が男だらけということもあり、今の生活は男やもめに蛆がわくという諺通りの状態なので、久しぶりに女性と会うというのも社会復帰的な意味では悪くないことかもしれません。
フィギュアだドールだと人に言えない趣味にどっぷりと肩まで浸かった三十路毒男というのも、一般的に見て人生が色々と詰んでる感が否めませんし。
とはいえ、この歳になっての合コンで知らない女性と話をするというのも苦痛なことなので、正直テンションが上がりません。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのは、サークル希有馬屋がブログ人気に便乗してリリースした中国嫁フィギュアです。
この中国嫁フィギュアは、表情違いでAセットとBセットの二種類あるのですが、最終フィギュアと違ってVispo原型でなく、値段もそこそこするものだったので、今回はコミケで配布されたBセットのみ購入しました。
なので、今回紹介するのは中国嫁フィギュアのBセットとなります。
最初にパッケージを紹介。

       中国嫁パッケージ

本人曰くぱちもん臭さを出してみたということですが、確かに小さい頃に見かけたぱちもんプラモのそれに似ていて、なかなかの出来です。
中身はこんな感じ。

       中国嫁中身

さすがにブリスターまで作れなかったようで、ぷちぷちで厳重に梱包されていました。
このBセットには、月と王先生の二種類入っていますが、今回は王先生の方を紹介していきます。
まず、王先生の全景がこちら。

       中国嫁王先生全景

今までのオマケフィギュアは台座ナシでしたが、こちらはきちんと台座込みで作られています。
比較写真を撮り忘れていましたが、サイズはぷちえう゛ぁとほぼ同じ大きさで、値段の割には小さめになっています。
くるっと回すとこんな感じ。

       中国嫁王先生左正面

       中国嫁王先生左側面

       中国嫁王先生左背面

       中国嫁王先生背面

       中国嫁王先生右背面

       中国嫁王先生右側面

       中国嫁王先生右正面

デフォルメの効いた造形ですが塗装はやや甘めです。
最後にバストアップを紹介。

       中国嫁王先生バストアップ

アイプリは綺麗ですが、少し目力が強めで瞳が浮いて見えるような気がします。

このフィギュアは、サイズ的には机周りにちょこんと飾るのに適していて、造形や塗装もそこそこなものに仕上がっていて悪くありませんでしたが、二体セットで3,150円という値段を考えるとちょっと割高感が否めません。
ぷちえう゛ぁやねんぷちと同サイズだということを考えると500円前後が適正価格のような気がしますが、ロット数が違うのでこの値段になったものと思われます。
ただ、今までの同人フィギュアを知っている身からすれば、ぼったくり過ぎるような気がしないでもないです。

ということで、今日はここまで。
次は月の方を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/487-b581cceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。