駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち 夜神月(キラ)」」 

初音ミク 恋は戦争ver.DX」の代金を今日入金し無事確保に成功。
簡易台座の通常版も同時にリリースされたので、どちらにしようかと少し悩みましたが、通常版はスピーカーが無いせいで迫力に欠け、見栄えもDX版と比べると悪かったので、DX版の方をチョイス。
とはいえ、このDX版はグッスマオンライン限定の定価販売ということで、一般流通されている通常版の倍以上の値段となり、財政的には正直なところかなり厳しいものがありました。
まあ、一般販売された場合には、投げ売りの憂き目に遭うのは目に見えているので、絶対に投げ売りにはならないということを考えれば、今回の限定販売方式も悪くはないのですが。
買ったフィギュアが投げ売られるのをみると、金銭面で損したという気分になるだけでなく、何故だか少し切なくなるので。
DX版を手に入れたので、後は送られてくるのを待つだけなのですが、悩み所はその置き場所。
台座がべらぼうに大きく、手持ちのコレクションケースには収まりきらないものなので、野ざらしで飾るつもりでいるのですが、今のところスペースが空いていないのが実情。
スピーカーつながりで、ミニコンポの上にでも置こうかと考えたりもしてますが、お気に入りとなっているコレットが鎮座しているので、かなり悩ましいところです。
まあ、届くのは来年の1月と4ヶ月も先のことなので、届いたときに決めれば良いのであれですが。
この「初音ミク 恋は戦争ver.DX」も届いたらレビューをアップしていきます。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのは「ねんどろいどぷち 夜神月(キラ)」です。
最初に全景を紹介。

       ねんぷちデスノート#1夜神月(キラ)正面

可もなく不可もない仕上がりですが、男キャラということで華がありません。
くるっと回すとこんな感じ。

       ねんぷちデスノート#1夜神月(キラ)左正面

       ねんぷちデスノート#1夜神月(キラ)左側面

       ねんぷちデスノート#1夜神月(キラ)左背面

       ねんぷちデスノート#1夜神月(キラ)背面

       ねんぷちデスノート#1夜神月(キラ)右背面

       ねんぷちデスノート#1夜神月(キラ)右側面

       ねんぷちデスノート#1夜神月(キラ)右正面

制服姿ということで、造形的にはシンプルなものですが、造り自体は悪くありません。
また、塗装については色むらなどもなく綺麗なものになっています。
ちなみに、手に持ったデスノートがこちら。

       ねんぷちデスノート#1夜神月(キラ)デスノート

プリントだと思いますが、細かなものながら綺麗に仕上がっていてなかなかのものです。
最後にバストアップを紹介。

       ねんぷちデスノート#1夜神月(キラ)バストアップ

不敵な笑みを浮かべ、死神verのそれよりも良い感じです。
オマケとしてL(猫背)のオプションパーツを付けた姿を紹介。

ねんぷちデスノート#1夜神月(キラ)&L(猫背)

オプションパーツは手錠で、二人の手をつなげられるようになっています。
何故手錠なのかは元ネタを知らないのであれですが、他のねんぷちに流用できそうな感じの良い小物です。

この夜神月(キラ)は、男キャラの悲しさでいまいちな感じなものでしたが、表情パーツのお陰で個性が出ていて、死神verよと比べると良い感じに仕上がっていました。
付属品等はないのでやや割高な感が否めませんが、造形や塗装に難はないのでキャラ好きなら問題ないものかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回もねんぷちデスノート#1を紹介していきます。
スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/470-64735126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。