駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち リューク(リンゴ)」 

あなたの知らない看護婦-性的病棟24時-白鳥天音」の予約が始まったということで脊髄反射で予約。
このフィギュアは、全高44cmと予想以上のデカブツだったので、場所確保のため部屋の中を物色しましたが、ほぼ全てのスペースが埋まってしまっていたので、やむなくコレクションケースの上に置いているラクエルゴシック&ロリータをどかすことに決定。
ラクエルゴシック&ロリータは、造形こそ良いものの塗りや仕上げが酷く、さらに半額近くでアマゾンで投げ売られたとあって、僅かにあった愛着もすっかり失せてしまっていたので、白鳥天音が届き次第退場させることにしたしだい。
愛着のなくなった物を飾っておけるほど広い家でもないですから。
そういうこともあって、ここ最近ろくすっぽ見ていなかったロリータを久しぶりに眺めてみたのですが、あろうことかいつの間にか羽根がへたっていました。
目の錯覚かと思いましたが、どうみても左の羽根が内側に曲がっていて、隣の羽根に触れる寸前にまでなってました。
買ったときにはABS樹脂なりでできてるものと考えてましたが、なんのことはない単価の安いPVCを使っていたようです。
部屋の暑さが原因かと疑いましたが、もう一枚の羽根とゴシックの羽根には異常がなく、原因は全くもって不明。
応急措置としてひとまずドライヤーで温めて歪みを矯正してみましたが、温めてからしばらくの間は真っ直ぐになるものの、時間をおくとへたれてしまってあんまり意味がありませんでした。
手の施しようがなかったのでそのまま放置することにしましたが、高い、仕上げが粗い、品質が悪いの三拍子が揃い、手持ちのフィギュアの中でもダントツで残念なフィギュアに成り下がりました。
アマゾンで半額以下で買ったのなら諦めも付きますが、予約段階の高い値段で買ったので色んな意味でダメージが大きいです。
もうクエスチョナーズのフィギュアは買うまいと心に誓いましたが、よくよく考えてみると魔女娘を予約してたりするわけで、我ながら迂闊でした。
この魔女娘も、デコマス段階で既に分割線が酷く残念なことになってるので、製品にはほとんど期待をもてませんが、どんなできに仕上がるのか色んな意味で興味深いところです。
今日頼んだ白鳥天音とクエスチョナーズの魔女娘については、届いたらまたレビューをアップしていきます。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのは「リューク(リンゴ)」です。
最初に全景を紹介。

        ねんぷちデスノート#1リューク(リンゴ)全景

ねんぷちということでデフォルメされていますが、レムと同じ香りが漂う仕上がりです。
くるっと回すとこんな感じ。

       ねんぷちデスノート#1リューク(リンゴ)左正面

       ねんぷちデスノート#1リューク(リンゴ)左側面

       ねんぷちデスノート#1リューク(リンゴ)左背面

       ねんぷちデスノート#1リューク(リンゴ)背面

       ねんぷちデスノート#1リューク(リンゴ)右背面

       ねんぷちデスノート#1リューク(リンゴ)右側面

       ねんぷちデスノート#1リューク(リンゴ)右正面

造形や塗装は悪くなく、標準的なBOXねんぷちと同等の品質となっています。
また、手に持ったリンゴは、腕と一体化しておらず、取り外すことが可能で、造りは結構細かくなっています。
ちなみに、台座に置いてある食べかすのリンゴは、台座とは別個のパーツとなっていて、単体でも飾れます。
それが、こちら。

       ねんぷちデスノート#1リューク(リンゴ)食べかすリンゴ

無駄に凝った造りで再現度は高いです。
最後にバストアップを紹介。

       ねんぷちデスノート#1リューク(リンゴ)バストアップ

遠くからでもあれですが、間近で見るとすこぶる気持ち悪いです。

このリュークもレム同様にねんぷちにはそぐわないキャラかと思います。
可愛いというより不気味な風貌で、何というか見ていて不安になり、個人的には受け付けられない類の物だったので、こちらもレム同様押し入れ送りとなりました。
とはいえ、造形や塗装などに比はなく、キャラアイテムとして見た場合には悪くないものかとは思います。

ということで、今日はここまで。
次回もねんどろいどぷちデスノート#1を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/468-54a6dc57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。