駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち ナディア(キング付き)」 

中国嫁日記」と「中国嫁嘘日記」を読了。
中国嫁日記は、ブログで公開されている四コマ漫画と描き下ろし長編からなっていて、四コマ漫画は再録と言うことで新鮮さこそなかったものの、一続きで読むとブログで読むのとはまた違った感じがして案外楽しめるものに仕上がっていました。また、本誌のために書き下ろされた長編漫画の方ですが、こちらはストーリー仕立てで馴れ初めを知ることができ、四コマ漫画にはない面白さがありました。作中に書かれたオタポイントも首肯できるもので、なかなかに悪くありません。
長編漫画の描き方については、同人フィギュアの付録冊子のそれと変わらぬもので、ある種馴染み深いものでしたが、四コマ漫画しか読んだことのない人には少し新鮮に映るかもしれません。
最近この手のエッセイ形式の四コマ漫画が増えていますが、その中でもこの中国嫁日記は絵や内容が頭一つ抜きん出た感が有りレベルが高いものかと思います。
まあ、言ってもプロなわけで、当たり前と言えば当たり前なんですが。
で、その同人誌となる中国嫁嘘日記の方ですが、こちらはむらかわみちお氏のもの以外は正直微妙でした。
読めなくはなかったのですが、なんというか同人誌にしてはパンチが効いておらず、若干消化不良気味で少しがっかり。
まあ、むらかわみちお氏の四コマ漫画だけでも十分元は取れたので問題ないのですが。
中国嫁嘘日記は残念ながら売り切れてしまったようですが、中国嫁日記の方は増刷が決まったようなので、未読の方は読んでみるのも悪くはないかと思います。
ただ、少し値段が張るのが難ではありますが。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日は予想よりも早くアニメスタイル第2号が届いたので、その特別付録となる「ねんどろいどぷち ナディア」を紹介していきます。
最初にパッケージを紹介。

       ねんぷちナディアパッケージ

第1号の大河のそれと同じで、これがどうもアニメスタイルでの標準仕様となるようです。
中身はこんな感じ。

       ねんぷちナディア中身

ねんぷちエリオと同じくきちんと緩衝材に包まれていて丁寧な扱いになっています。
で、本体。

       ねんぷちナディア本体

ねんぷちの判子造形ではありますが、きちんとナディアらしさがでていて悪くない出来です。
八方向からの眺めを続いて紹介。

       ねんぷちナディア正面

       ねんぷちナディア左正面

       ねんぷちナディア左側面

       ねんぷちナディア左背面

       ねんぷちナディア背面

       ねんぷちナディア右背面

       ねんぷちナディア右側面

       ねんぷちナディア右正面

胸元のブルーウォーターがクリアパーツでなくべた塗りなのが残念ですが、造形や塗装などに問題はなく仕上がりは満足できるものでした。
特にナディアの特長とも言える褐色肌がきちんと再現されているのが高評価です。
ナディアといえばやはり小麦色の肌ですから。
最後にバストアップを紹介。

       ねんぷちナディアバストアップ

判子造形ではありますが、ナディアを示す記号が上手いこと取り入れられていて、かなりナディアっぽい感じになっています。
ちなみに、おまけのキングはこんな感じ。

       ねんぷちナディアキング

こちらも再現度高めで手を抜いていません。

今回のナディアのねんどろいどぷちのリリースは、リアルタイムで見ていたおじさんにとってはかなり嬉しいものでした。
ナディアをヒロインにしたふしぎの海のナディアは二十年も前のアニメなので、今の若い子はあんまり知らないかもしれませんが、あの当時としてはかなりインパクトがある作品で、個人的にもヲタクになるきっかけとなった思い入れのあるアニメだったりします。
なので、今回ねんどろいどぷちで出ると聞いて一も二もなく飛びついたのですが、期待した以上によい造りに仕上がっていて、何というかかなり幸せです。
多分というか間違いなく今後二度と出ることのないもので、今回出たのもある意味奇跡だと思うので、ナディア好きなら押さえておくべきアイテムかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回はねんどろいどぷちデスノート#1に戻ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/466-bf622e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。