駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー キャラアニ謹製「トイズワークコレクションにいてんご 湊智花」 

目を付けていた同人本「中国嫁嘘日記」を何とか確保することに成功。
最初は希有馬屋が夏コミで配布した薄い本と一緒に買うつもりでしたが、とらのあなでの捌け具合が思いの外早く、そんな悠長なことを言っていられる状況ではなかったので慌てて確保。
予約は無事とおりましたが、件の本は買ったすぐ後に売り切れてしまったようで、一歩間違えば難民になるところでした。
この中国嫁嘘日記の基になった中国嫁日記の方もかなり売れているようで、何というか隔世の感が否めません。
同人フィギュアから希有馬屋にはまった口としては、まさかこれほど広く認知されるとは思いもよりませんでした。
人間どこでどう転ぶのかはわからないものです。
まあ、同人フィギュアを終了した今となっては、メジャー化したとしても同人フィギュアが入手しにくくなるようなこともないので、一ファンとしては表舞台に上がったことについては素直に嬉しいことではあります。
ただ、禍福糾える縄のごとくという諺どおり幸と不幸は密接にリンクしているものなので、この騒動に浮かれて足下をすくわれないように注意して欲しいのが正直なところ。
日本のお家芸というかなんというか、上げて落とすのが世の常で、絶頂を迎えたときこそ気を引き締めておかないと、落とされたときの衝撃もまた大きくなりますから。
下手に転んで大けがして、それがきっかけに活動休止なんて洒落にもならないですし。
まあ、そんなこと百も承知のような気もするので、その点は大丈夫かとは思いますが。
希有馬屋のミニフィギュア付きの薄い本は、そのうち通販されるということらしいので、手に入れたらミニフィギュアのレビューをあげていきます。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのは電撃文庫MAGAZINE9月号の付録「にいてんご 湊智花」です。
最初にパッケージを紹介。

       にいてんご湊智花パッケージ

付録ではお馴染みのダンボールパッケージとなっていました。
中身はBOXぷちよろしく分割された状態で入っていて組み立てる必要があります。
組み立てた本体がこちら。

       にいてんご湊智花正面

俯きすぎになっていますが、これは首を根元までしっかりと入れてしまったせいです。
首を気持ち浅めに挿し角度を調整してやればパッケージの写真のような形になりますが、今さら写真を撮り直すのも面倒なのでこのままで紹介していきます。
七方向からの眺めがこちら。

       にいてんご湊智花左正面

       にいてんご湊智花左側面

       にいてんご湊智花左背面

       にいてんご湊智花背面

       にいてんご湊智花右背面

       にいてんご湊智花右側面

       にいてんご湊智花右正面

デフォでパンチラしていますが、アニメ本編が大友向けのこんな感じものもなので特段違和感はありません。
欲を言えば、パンツにそれっぽいイラストを入れてくれればよりらしさが出て良かったところです。
まあ、さすがにそこまでやるとえげつないことになるので難しいかもしれませんが。
最後にバストアップを紹介。

       にいてんご湊智花バストアップ

ローアングルから撮影したものとなりますが、顔自体はデフォルメが効いていて悪くない感じです。

このフィギュアは、パーツの接合具合が悪く、塗装も全体的に粗いものになっていて、全体的に見てかなり安っぽい感じで少し残念なものでした。
俺妹シリーズの三体は、全体的に綺麗に仕上がっていただけに、この仕上がりの悪さは目に付きます。
雑誌込みで720円なので、俺妹シリーズほどお金が掛けられなかったためこうなったものと思われますが、表紙に掲げられたデコマスと比べると格段に見劣りするもので、なんというかデコマス詐欺に近いものがあります。
まあ、ガチャポンと思えば許容の範囲ではあるのですが。
造形自体はデフォルメが効いていて悪くないので、塗装の悪さに目を瞑れる人なら買っても問題ないかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回からはねんぷちデスノートの紹介をしていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/462-9ebdcd7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。