駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 静岡鉄道静岡清水線編第25回目 新清水駅~1番線・2番線ホーム~ 

デスノート#1を衝動買いしたせいで、手持ちのディスプレイケースがなくなり、新しく補充すべくニトリへ。
以前買いに行ったときは残数が少なくなっていましたが、きっちりと補充してくれたようで結構な数のディスプレイケースが置かれていました。
安いだけあって、蓋というか前面のアクリル板に当たり外れがあるので、ババを引かないよう吟味してチョイス。
ディスプレイケースの確保に成功したので、そのままぶらぶらと店内を見て回りましたが、見るだけだったら商品も豊富でなかなかに楽しい場所です。
ただ、お盆休みと言うこともあってか家族連れが多く、少し居心地が悪かったので会計を済ませてそそくさと退散。
新しくディスプレイケースを手に入れることができたので、1月発売のねんどろいどぷち魔法少女まどか☆マギカをお迎えすることができるようになりましたが、新しいディスプレイケースの置き場所がないことに帰ってから気づきました。
部屋の中の隙間という隙間は、既にフィギュアやら鉄道模型などで埋まり、新たなスペースを確保するのは難しい状況なので、置こうとするとなるとねんぷちの定位置たる机の上以外に置き場はないのですが、2段積みになっていて今ですら地震が来たら確実にアウトな状態なので、ここに置くとなると正直微妙なところ。
ねんぷちまどかの販売は来年の1月とまだ先のことなので、置き場についてはそれまでに考えれば良いのですが、どう転んでも他に置き場はないので、我が家に築かれたねんぷちタワーは3階建てになりそうな感じです。
でも、ねんぷちというのは恐ろしいもので、気軽な感じでボーカロイド#1に手を出したらあれよあれよという間に増殖し、気づいたら100体を越すまでになっていました。
一個一個は小さくても数が揃うとなかなか壮観な眺めになります。
ただ、これだけ多くなるとさすがに人目には晒せません。
何事においてもそうですが、物事には限度というものがあるわけで、1個や2個ならともかく群れなすほどになると普通の人ならどん引きするのは必定ですから。
とはいえ、部屋を訪れる人など時折思い立ったように強襲をかけてくる親以外いない残念な身の上なので、何体飾っていようと無問題なのですが。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
前回に引き続き新清水駅となりますが、今回は1番線・2番線ホームを紹介していきます。
最初に降車専用ホームのどんづまりにあった裏口というか、西側の入口を紹介します。

新清水駅西側入口

駅名看板が出ていないので、うっかりしていると通り過ぎてしまいそうな感じの入口になっていました。
メインの入口は別にあるので、駅名看板がなくても問題はないのでしょうが、旅行者のためにはあった方が親切なような気もします。
まあ、この入口の利用者は地元住民がメインと思われ、旅行者はすんなり表側へと行くのでしょうが。
駅舎というか改札口がこちら。

新清水駅西口改札口

新清水駅西側改札口裏手

自動券売機は1台のみでしたが、自動改札機は2台有り出入りがしやすいようになっています。
雨よけの庇があるだけの開放的な造りなので、今までの駅舎のような狭さはそれほど感じられませんが、正面の駅舎と比べるとやや見劣りする造りではあります。
続いて、1番線・2番線ホームの眺めを紹介。
まず、新静岡方面。

新清水駅1番線・2番線ホーム新静岡方面

次に、新清水方面。

新清水駅1番線・2番線ホーム新清水方面

1面2線の島式ホームとなっていましたが、このホームは新静岡方面に向かって先細りとなる形状をしていました。
降車専用ホームと同様に、庇の半分ほどは古レールを柱として使った古いものになっていて、なかなか味わいがあります。
2番線の隣には、かつてホームとして使われていた感じのスペースというか構造物が設けられていましたが、今は使われていないようでデットスペースとなっていました。
ちなみに、ホームの全景はこんな感じです。

新清水駅1番線・2番線ホーム全景

造りは降車専用ホームと同じもので、昔からあるものがそのまま使われているような感じでした。
最後に駅名表示札を紹介。

新清水駅1番線・2番線ホーム駅名表示札

終着駅ということで行き先表示は一つだけでしたが、デザイン自体はデフォとなるものでした。

この駅は駅舎自体は改修されてしまっていましたが、構内には古い設備がそのまま残っていたりして、そこそこ見所がある駅となっていました。
また、ホームの構造も他の駅とは違いなかなかに面白く、駅舎はともかくとして駅構内については見て楽しむことのでき悪くない駅かと思います。

今回で静岡鉄道静岡清水線の紹介は終わりとなりますが、この路線はぼ全ての駅について駐車場がないので、駅を見て回るのなら電車の方が良い感じです。6分おきという高頻度で電車が走っているので、車でなくてもストレス無く回ることができますし。実際、この路線は電車で回りましたが、撮影し終わったら次の電車がくるという感じで、電車待ちで余分な時間を使うことなくスムーズに撮影を進めることができました。
路線全体の印象ですが、駅舎や駅構内の設備については昔ながらのものが少ないせいか見所があまりなく駅を楽しむという点ではいまいちな路線でしたが、地域の足としてみた場合には高頻度で電車が走っているのでかなり使い勝手の良い路線かと思います。
ローカル線でこれほど高頻度で電車が走っている路線も少ないので、一度訪れてみるのも良いかとは思います。

ということで、今日はここまで。
次回からはねんぷちなんかのレビューをしていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/461-ac87c228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。