駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 静岡鉄道静岡清水線編第16回目 県立美術館前駅~1番線ホーム~ 

ワンフェスでの企業展示物のレポートがほぼ出そろったようで、それを参考に今後の購入アイテムを検討。
オーキッドシードとネイティブは買うのがデフォなので議論の余地もありませんが、それ以外のメーカーのフィギュアにどれだけつぎ込むのかが悩ましいところ。
お金と置き場所は有限なわけで、買えるものも限られてきますから。
色んなサイトの写真を見て、悩んだ末に以下のフィギュアを買うことに決定。
グッドスマイルカンパニーの「初音ミク HSPver」と「初音ミク 恋は戦争ver」
ギフトの「すーぱーそに子」
フリーングの「白鳥天音 あなたの知らない看護婦」
カフェレオの「鳥かごの少女」
みっくみくにされてしまっているので、ミク関係のフィギュアは悩む余地はなかったのですが、HSPverはともかく恋は戦争verはワールドイズマインよろしく投げ売られる恐れがあるので、予約して買うべきものかといえばちょっと微妙。
無駄に台座がでかいので、敬遠される恐れが強いですから。
とはいえ、下手を打つと買い逃してしまう恐れもあるので、いちおうは案内開始と同時に予約するつもりです。投げ売られて嫌な気分になるより、買い損なったときの方が精神的ダメージは大きいですから。
ギフトとフリーングは初めて買うメーカーなので、どのぐらいデコマスから劣化するのかは未知数ですが、新規メーカーを開拓していくのもこの趣味の醍醐味なので、この二つが泥化しても勉強代として諦めはつきます。
最後の鳥かごの少女は、恋は戦争verと同じ少女植物園さんが原型を手がけたものとなり非エロですが、造形に心奪われたので購入を決定。
ただ、クエスチョナーズが裏に潜んでいるので、ラクエルゴシック&ロリータと同じく残念な仕上げになる気配が濃厚で、色んな意味で嫌な予感しかしないのが怖いところです。
どれも年明け以降に予約が開始されるようなので、リリースされるのは当分先ですが、今から楽しみなところです。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
前回に引き続き今回も県立美術館前駅となりますが、今回は1番線ホームを紹介していきます。
最初に1番線ホームと2番線ホームとを繋ぐ構内踏切を紹介。

県立美術館前駅構内踏切

他の駅と同じく改札口側に設けられていて、ある意味では行き来しやすく便利な造りになっていますが、ラッシュ時には改札が混みそうな感じではあります。
ちなみに、1番線ホーム側には改札はなく、かわりにトイレが設けられていました。
トイレよりも改札を造った方が便利な気がしますが、不意に便意を催したときには助かるものなので、これはこれで悪くはありません。
続いてホームの眺めを紹介。
まず、新清水方面。

県立美術館前駅1番線ホーム新清水方面

次に、新静岡方面。

県立美術館前駅1番線ホーム新静岡方面

2番線ホームとほぼ同じ造りで、違いはほとんどありません。
こちら側のホームも2番線ホームと同様にバリアフリー化されていて、ホーム幅も広く、色んな意味で使い勝手が良くなっています。
ホームの全景はこんな感じ。

県立美術館前駅1番線ホーム全景

2番線ホームと同じ造りで代わり映えはしませんが、1番線ホームと2番線ホームの造りが異なっているのもバランスが悪くしまらないので、これはこれでありではあります。
最後に2番線ホームの駅名表示札を紹介。

県立美術館前駅1番線ホーム駅名表示札

静岡鉄道静岡清水線でデフォとなるデザインのものです。
この駅のホームの撮影をしているところに電車がやってきたのでついでに紹介しておきます。

県立美術館前駅1番線ホーム電車

アングルやら画面構成やら色々と残念な写真なのであれですが、波形というか帯というかボディ側面が静岡鉄道静岡清水線を走る電車の特徴となっています。

この駅は、駅自体は新しいというかここ十数年ほどの間に造られたような感じで、昔の遺構などなく残念ながら見所に乏しいものでしたが、駅舎というか駅ビルが特異な形状をしていたのが印象的でした。
橋上駅であればそれほど珍しくもないものですが、跨線橋としての役割もないビルが線路を跨いで建てられているというのはなかなかに珍しく、狭小地の有効活用ということを考えたとき何気に良いアイデアです。
地震が起きたときは上の階が落ちてきて怖そうな気もしますが、ビルの下を電車が出入りする光景は新鮮で、静岡鉄道静岡清水線に行く機会があれば訪れてみるのも良いかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる草薙駅を紹介します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/449-4a78308c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。