駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち 黒衣マト」 

昼食を取るため立ち寄ったロッテリアでエヴァのタンブラーを発見し、脊髄反射で浴衣姿のレイが描かれたタンブラーを確保。
冬に買った奴が埃を被っているのにも関わらず何をやっているんだかという気がしないでもないですが、買ってしまったものはやむを得ません。
値段は1,000円とタンブラーとしては安めでしたが、造りはそれに見合って些かチープ。
まあ、どのみち使うあてはないので、造りがどうであろうと関係ないのですが。
にしても、ロッテリアではコンスタントにエヴァグッズが売り出されたりしますが、どれだけ売れてるのかが気になるところです。
十年以上も前の作品で、ガンダムみたいに派生作品が群れを成しているわけでもないことを考えると、それほど多くのファンはいないような気もします。
とはいえ、フィギュアを見るにつれ、一定数のエヴァ絡みのキャラがコンスタントに出てくるので、それなりにはお金を支払うコアなファンがいるのかもしれません。
客寄せパンダとしてわざわざ売れない商品を出すわけもないですし。
いずれにせよ、エヴァファンとしては、こうやってグッズを出してくれるのは有り難い事ではあります。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日から二回に分けて「ねんどろいどぷち マト&ヨミセット」を紹介していきます。
今回は黒衣マトを取り上げます。
最初にパッケージを紹介。

       ねんぷちマト&ヨミパッケージ

2体セットいうことで、箱は3体セットのそれよりも小ぶりですが、デザインは3体セットのそれと変わりません。
ブリスターがこちら。

       ねんぷちマト&ヨミブリスター

付属パーツはなく少し寂しい感じです。
3体セットのそれと1体当たりの価格が同じだということを考えると、差し替えパーツが付いていないのは、ちょっといただけませんが、このへんのあざとさがなんというかグッスマらしいところではあります。
で、黒衣マト。

       ねんぷちマト&ヨミ黒衣マト正面

B★RSのDVDは放置したまま観ていないので、このキャラが似ているかどうかは不明ですが、造り自体は悪くありません。
くるっと回すとこんな感じ。

       ねんぷちマト&ヨミ黒衣マト左正面

       ねんぷちマト&ヨミ黒衣マト左側面

       ねんぷちマト&ヨミ黒衣マト左背面

       ねんぷちマト&ヨミ黒衣マト背面

       ねんぷちマト&ヨミ黒衣マト右背面

       ねんぷちマト&ヨミ黒衣マト右側面

       ねんぷちマト&ヨミ黒衣マト右正面

髪の毛はポールジョイントではなく、ここ最近のねんぷちでよく見られるだぼ穴直結方式となっていて、コスト削減の後がみられます。
塗りや造形に粗さはなく、付録物と同レベルの水準です。
ちなみに、肩から提げた鞄は、鞄の紐が取り外せるようにはなっておらず、外すためには首と腕を引っこ抜く必要があります。
値段を考えると着脱式として欲しかったところですが、コスト削減の煽りを受けてこうなったものと思われます。
バストアップがこちら。

       ねんぷちマト&ヨミ黒衣マトバストアップ

やや白飛びしていますが、口が何気に少し怖いです。
最後に先発のB★RSと並べた姿を紹介。

BRS&黒衣マト

アニメを観ていないのでこの二つのキャラの関係性をいまいち良く把握していないのであれですが、似ていると言えば似ています。

ということで、今日はここまで。
次回は「小鳥遊ヨミ」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/442-cdcf93aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。