駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 えちぜん鉄道勝山永平寺線編第14回目 光明寺駅 

今日、夏休みもとらず、半年間かけてちくちくと作業を進めてきた仕事が、見事大成功に終わりました。
ほっと一安心です。
これで精神的な負担がなくなりました。
頑張った甲斐があったというものです。
どこかのスポーツ選手ではありませんが、自分を褒めてあげたい気分です。
ただ、上がどう判断するかは別ですが。
まあ、成功して当たり前としか考えていない人たちなので、評価は求めていません。
自分で満足できればそれで十分です。
仕事が一区切りがついたので、本当は駅舎訪問を再開したいところですが、別な仕事が入っているので少し無理っぽいです。
ただ、冬に入る前に東北を攻めてみたいなと考えています。
ま、難しければ大井川鉄道あたりを再訪します。
大井川鉄道は一度行ったことがあるのですが、蒸気機関車ばかり撮ってて、駅舎はほとんど撮っていなかったので、リベンジを画策していたりします。
行くことになったらブログで報告します。

さて、少し間が空きましたが、第14回目となる光明寺駅を紹介します。
こちらは前回の良い感じだった下志比駅の次の駅となります。
こちらにも駅舎はありませんでした。

光明寺駅

変則的な造りの待合所が、少し出っ張って建っています。
こちらも、ホームの下部は玉垣となっています。
なので、開通当時のホームに新しくホームをのっけたのではないかと邪推しています。
まあ、真偽は定かではありませんが。
興をそそられホームへ上がります。
で、待合所を撮影。

ホーム

やっぱり出っ張り部分が気になります。
ただ、待合所内は残念ながら撮影しておらず、記憶もあいまいなので、中がどうなっていたのか定かではありません。
写真を撮らなかったことが悔やまれます。
勝山方面から待合所を撮影。

ホーム2

突き出した庇の支えは木製らしく、なかなか秀逸です。
ホームがアスファルト敷きでなければなおいいのですが。
もっとも、いまどきの駅でアスファルト舗装されていないホームなんてまずないかと思いますが。
例のごとく駅名表示札を最後に撮影して〆ます。

駅名表示札

柵の外側に立っていたので、少し残念でしたが、まあ良しとします。
勝山永平寺線は、残り9駅となりました。
この路線は勝山に近づくにつれ、ローカル色が強まりなかなか楽しい路線です。

ということで、明日は次の駅「轟駅」を紹介します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/43-cfc1a1d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。