駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー ネイティブ謹製「智恵(バスユニットセット)」 

月刊アニメスタイルの第2号の予約が始まった模様。
創刊号は無事確保に成功しましたが、アニメイトは送料のせいで割高感が否めず、梱包もちょっといただけなかったものだったので、今回はアニメイトは回避してアマゾンで予約。
ただ、2号の付録ねんぷちはオタク道に足を踏み入れるきっかけとなったふしぎの海のナディアのナディアということで、思い入れ抜群で買い逃すことは絶対に許されないので、リスクヘッジのためにアマゾンと値段が一緒のTSUTAYAでも予約。
二個買いとなりましたが、保存用と観賞用とで分けて使えるので、二個あっても問題はありません。
アニメスタイル2号を予約したついでに、書店に出向いて電撃G’sMagazine9月号も予約してきました。
こちらは電波女と青春男のヒロインたるエリオのねんぷちが付いてくるためですが、元ネタとなる電波女と青春男の面白さが微塵もわからず、キャラへの思い入れも全くないので予約したのは一冊だけ。
ただ、申し込みしたときの店員が頼りない人で、予約がきちんと通ってるかどうかかなり怪しいです。
ナディアは8月25日、エリオは7月30日頃に発売されるようなので、きちんと届いたらレビューをアップしていきます。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのはネイティブの「智恵」です。
最初にパッケージを紹介。

智恵パッケージ

ティシュを模した意味深なデザインになっています。
フィギュアにまつわる都市伝説へのオマージュかと思いますが、ネイティブのパッケージは毎回趣向が凝らされたものになっていて、パッケージも見所の一つです。
今回頼んだのはバスユニットセットなので、風呂用のパッケージも別にありましたが、こちらはサイズが大きすぎて撮影できなかったので割愛。
なお、バスユニットセットと単品のものとではパッケージカラーが違うようです。
ブリスターがこちら。

       智恵ブリスター

小物が少ない分シンプルなものですが、フィギュア本体は思ったよりも大きく結構な迫力があります。
撮影の時には外しましたが、ブリスターの外にはクッションが封入されていて、風呂無しでも飾ることができるようになっています。
で、本体。

智恵正面

髪の毛の造形に気合いが入っていて、サイズが大きいだけになかなか見応えがある造形となっています。
また、髪の毛のおかげで分割線も気になりません。
安っぽいパンツが少々残念ですが、どのみち脱がせて飾るので無問題です。
くるっと回すとこんな感じ。

智恵左正面

智恵左側面

智恵左背面

智恵背面

智恵右背面

智恵右側面

智恵右正面

右側にあるのは付属の支え用パーツで、これがないとポージングが上手くとれません。
もともとバスタブに入れることを前提に設計されたフィギュアなので致し方ないところですが、バスタブ無しでも飾れるようきちんと措置が取られているところはなかなかのものです。
全裸ということで飾り気はないですが、それ故に造形の良さが引き立ち、その大きさと相まって見栄えはかなり良いです。
胸の造形と塗装はきちんとなされていますが、色が若干薄めなのが少し物足りない感じですが、目を瞑れる範囲ではあります。
ちなみに、指が突っ込まれた部分はこんな感じです。

智恵パンツ

パンツの安っぽさが際立ちますが、目隠しとして考えれば十分に機能しています。
とはいえ、もう少し凝った物にしてくれればと思わないでもないです。
人形の命といえる顔がこちら。

智恵顔右正面

智恵顔左正面

智恵顔正面

アイプリはきちんとしていて、髪の毛もだるさが見られず、なかなか好印象なものに仕上がっています。
続いて、パンツを脱がせた姿を紹介。

智恵パンツ無し

本来の姿ということもあり、パンツを履いたものと比べるとすっきりとした感じになり、グッと良さが増します。
パンツに隠されていた場所は、造形にも気合いが入っていて、オーキッドシードなんかのものと比べるとかなりエロティックになっています。
また、きちんと塗装もされていて、ツボを心得た仕上がりになっています。
最後に、バスセットなので、お風呂に入れた状態を紹介。

       智恵バスセット

お風呂とワンセットで考えられた造形ということで、お風呂に入れるとしっくりと馴染みます。
付属のバスセットはかなり大きく、ポリストーン製ということで重量もあり、正直飾るのには邪魔な代物ですが、セットで飾った方が見栄えは断然に良いです。

この智恵はネイティブの中でも屈指の出来で買って良かった一品でした。
コレットが微妙なものだっただけに出来について少々心配してましたが、実物は塗装や造形など全てが期待を裏切らない良い出来で、十分満足できるものでした。
エロティックカンパニーと伊達に名乗ってはいません。
このままの品質でトランクガールも出して欲しいところですが、智恵以降のキャラチョイスが迷走しているので、少し心配です。

ということで、今日はここまで。
次回はアニメスタイル第1号付録のねんどろいどぷち逢坂大河を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/429-40d74d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。