駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち 種島ぽぷら」 

ようやくパソコンの処分が完了。
リサイクルの申し込みをしてから結構な時間がかかりましたが、これで何とか肩の荷が下りた感じです。
今回手続きをしてみて思ったのは、パソコンの処分はやたらと面倒くさいということ。
普通のゴミと違ってゴミ捨て場に出しておしまいというわけでなく、色んな手続きがあって結構手間でした。
特に面倒だったのがパソコンの梱包作業。
てっきりメーカーから専用の梱包材が送られてくるものとばかり思ってましたが、送られてきたのは郵送用の伝票と手順書だけで、梱包材は自前で用意しなければならず、これが思わぬ落とし穴でした。
運良くパソコンの箱がそのまま残っていたので、それを使い回すことで何とかしのぐことができましたが、箱を捨ててたら適当なサイズの段ボールを探さなければならず、それだけで一苦労していたかもしれません。
あと、地味に面倒くさかったのが、郵便局への持ち込み。
郵便局に行けるのは休日ぐらいなものですが、休日に開いている郵便局は限られていて、家から遠く離れた中央郵便局まで出向かなければならず、こちらも無駄な労力を使わされました。
ともあれ、今回の手続きで流れが掴めたので、次回からはもっとスムーズに処分出来そうです。
とはいっても、今使ってるパソコンはあと五年は使うつもりなので、その頃にはすっかり忘れてしまっている可能性が大ですが。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのはWORKING!!9巻の初回限定特装版の付録となる「ねんどろいどぷち 種島ぽぷら」です。
最初にパッケージを紹介。

       ねんぷちぽぷら9巻本体

コミックス表紙のセンターに描かれてるのが元キャラの種島ポプラです。
単行本付録ではお馴染みのニコイチセットでパッケージングされていましたが、この状態で出荷されてるのか、あるいは書店でパッケージングしてるののかは不明。
本を除いたねんぷちのパッケージがこちら。

       ねんぷちぽぷらパッケージ

はるみねーしょん2巻限定版のそれと異なり、結構きっちりとしたパッケージになっていて、そこそこお金をつぎ込んでいる感じです。
ただ、外箱にお金をかけ過ぎたせいか、中にブリスターは入っておらず、段ボールを貼り合わせた梱包材の真ん中に500円ぷちと同じ状態で突っ込まれてました。
で、ねんぷち本体がこちら。

       ねんぷちぽぷら正面

似てるといえば似てる感じですが、いちおうロリ巨乳という属性を持ったキャラなので、胸を強調しても良かったような気がします。
まあ、ねんぷちで巨乳というのも色んな意味でグロくなりそうなので、こちらの方が良いのかもしれません。
くるっと回すとこんな感じ。

       ねんぷちぽぷら左正面

       ねんぷちぽぷら左側面

       ねんぷちポプラ左背面

       ねんぷちぽぷら背面

       ねんぷちぽぷら右背面

       ねんぷちぽぷら右側面

       ねんぷちぽぷら右正面

ポニーテールと呼ぶには巨大すぎる髪の毛の塊は、頭部とは別パーツになっていました。
別パーツということで、動かそうと思えば動かせますが、頭部を包み込むような格好で成形されているため、装着するとほぼ固定されてしまいます。
手に持ったメニューは、ポニーテールと異なり、腕とくっつけられてしまっていて外せません。
個人的にはポニーテールよりもこちらを着脱式にして欲しかったところですが、コスト面での問題で難しかったのかもしれません。
最後にバストアップを紹介。

       ねんぷちぽぷらバストアップ

ねんぷちお決まりの判子造形ではありますが、上手くデフォルメがされていて、キャラの雰囲気を上手く表現しています。

このWORKING!!9巻初回限定特装版は、最初は買うつもりはありませんでしたが、毎度のごとくというか何というか、発売情報を受け急に欲しくなって手に入れた一品となります。
田舎ということで発売日が一日遅れだったのが幸いして、店頭入荷分の3冊のうち1冊を前日に予約することができ、何とか回収することに成功しましたが、出回った量が少なかったようで、発売日からさほど経たずに市場から消えてしまったようです。
物自体はねんぷちの枠をでないものではありますが、多分というか間違いなくフィギュア化されそうにもないキャラなので、ぽぷら好きなら買って損のない一品かと思います。

ということで、今日はここまで。
次回もフィギュアレビューをしていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/402-b4cb5730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。