駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 静岡鉄道静岡清水線編第2回目 新静岡駅~3番線ホーム~ 

グッスマが期間限定でチャリティグッズの販売をはじめた模様
グッズは、グッスマのドル箱たるねんどろいど初音ミクで、特別仕様として応援顔なんかが付いてくるとのこと。
震災から2週間ほどしか経っていないのに随分とフットワークが軽く、このへんはさすがに中小ワンマン会社といったところです。
販売価格は1体3千円ですが、送料は無料でかつ千円が義援金として日本赤十字社に寄付されるということなので、グッスマの取り分は単純計算で1,475円となります。
通常版の小売価格を考えると、この額は少なくとも赤字覚悟ではない感じで、グッスマらしいといえばグッスマらしいところです。
今回のチャリティについては、フィギュアを嗜んでる身からすれば乗っかりやすい企画だったので、グッスマの利益はおいておくとして、被災地への応援のために気持ちとして1体注文しました。
本当は数体買った方が良かったのかもしれませんが、不要な物を買うぐらいなら、素直にその分の義援金を直接寄付した方がマシですから。
このチャリティグッズの受注期間は4月7日までと短いので、寄付を考えてる方は早めに注文しておくことをお勧めします。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
前回から間が開きましたが、今日は新静岡駅の3番線ホームを紹介していきます。
最初に3番線ホームの入口を紹介。

新静岡駅3番線ホーム入口

櫛形ホームということで、1番線・2番線ホームと地続きとなっています。
構内踏切や跨線橋で結ばれたホームも悪くありませんが、やはり始発駅や終着駅では櫛形ホームの方が様になります。
続いて、ホームの眺めを紹介。
まず、新清水方面。

新静岡駅3番線ホーム新清水方面

次に、新静岡方面。

新静岡駅3番線ホーム新静岡方面

新駅を建築中ということで、新清水方面の端は工事用の塀がホーム上へせり出し、ホームの幅はかなり狭くなっています。
もとのホームの広さがどれだけかは分かりませんでしたが、点字ブロックなんかを見るに、1番線・2番線ホームとは異なり、新清水方面の端はそこそこの広さがあった感じです。
最後に、ホーム側から眺めた3番線ホームの入口を紹介。

新静岡駅3番線ホーム入口その2

大袈裟な車両止めはなく、砂利が線路の端にちょこんと盛られてるだけです。
減速して車両は進入してくるので、これでも問題ないのかもしれませんが、もしものときのことを考えると少しだけ設備に心配が残る感じです。

この駅は、仮設駅ということで駅舎自体は簡易な物で見るべき所はありませんでしたが、駅の構内は櫛形ホームを採用していてなかなかに珍しい造りでした。
新駅がどういうものになるのか不明ですが、個人的には櫛形ホームをこのまま活かしたものにして欲しいところです。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる「日吉町駅」を紹介していきます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/398-a4ec4d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。