駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 しなの鉄道しなの鉄道線編第29回目 御代田駅~2番線ホーム~ 

今住んでるアパートの収納スペースは、普通のアパートのそれと比べると倍以上はありますが、100体を優に超えるフィギュアの空き箱のせいで既に飽和し、置き場所がなくなっているのが現状。
というわけで、フィギュアの空き箱の置き場を確保するため、暇に飽かして収納スペースの掃除を断行。
突っ込むだけ突っ込んで見向きもしなかった物がゴロゴロと転がり、収納スペースは半ばカオスと化してました。
引っ越しのことを考えると軽く目眩が起こりそうな程の物量で、初っ端からやる気がだいぶ削がれましたが、今やっておかないと近い将来暗い顔でどこで寝ようかと呟かないといけなくなるので、やる気を奮い起こして、いる物といらない物の峻別作業を開始。
が、押し入れに突っ込んでいた物の大半は、今も細々と続けてる鉄道模型関係の物で、捨てるに捨てられない物ばかり。
出しては戻しの繰り返しで、ほとんど物は減りませんでしたが、10年前に買ったディスクトップパソコンを撤去することで何とかスペースを確保することに成功しました。
埃を被って眠っていたディスクトップパソコンは、今流行のスリム形のものと違い、かなりのデカブツだったので、かなりのスペースが空きました。
驚くほどスペックが低いロートルだったので、ディスクトップパソコンはそのまま処分することに決定。
処分方法を確認するため、自治体のHPを見てみましたが、ここで驚愕の事実が発覚。
ゴミ処理場に持っていけば良いと思ってましたが、いつの間にやらエアコンなんかと同じくリサイクルの対象となってしまっていました
しかも、店頭で引き取ってもらえるエアコンなんかと違い、パソコンメーカーに引き取って貰うことが必要とのこと。
やむなく製造メーカーのソーテックへ引き取りを依頼しようとしましたが、製造ロットがわからず四苦八苦。
10年も前のパソコンの保証書などあるわけもなく、色々と探し回った挙げ句、何とかディスクトップ本体の裏側にそれらしい数字を見つけることに成功しましたが、この数字があってるかどうかは正直なところかなり怪しいです。
週明けには結果がわかるかと思いますが、パソコンを処分するのは思ったより手前がかかり、正直かなりうんざりさせられます。
もう少し楽な方法にしてくれると助かるのですが、多分というかまず無理っぽい感じです。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
昨日に引き続き御代田駅となりますが、今日は2番線ホームを紹介していきます。
最初に1番線と2番線とをつなぐ跨線橋を紹介。

御代田駅跨線橋

駅舎と同時期に建てられたと思しき物で、結構ごつい造りになっていて、華奢なものが多い国鉄時代のそれとくらべると趣を異にしています。
質実剛健なものなので、見栄えはいまいちですが、耐久性は高いような感じです。
続いて、ホームの眺めを紹介。
まず、篠ノ井方面。

御代田駅2番線ホーム篠ノ井方面

次に、軽井沢方面。

御代田駅2番線ホーム軽井沢方面

1番線ホームとは互い違いの場所に位置し、篠ノ井方面にむかって突き出している格好になっています。
軽井沢方面の端は、道路の真下に位置していて、ガード下と言った感じの雰囲気を漂わせ、そこはかとなく荒廃した感じになっています。
ちなみに、こちらのホームにはこんなのがありました。

御代田駅2番線ホーム標高柱

名所案内自体はよく見かけるものですが、標高を示す柱が他の駅ではあまりお目にかからない代物で、少し珍しいところです。
この柱のおかげで、ホームの傾斜具合がよく分かります。
最後に、駅名表示札を紹介。

御代田駅2番線ホーム駅名表示札

吊り看板式の物で、しなの鉄道でデフォとなるデザインのものでした。

この駅は、駅舎を含めた諸々のものがJR時代に整備されたと思われるものばかりで、真新しくも古くもなく、見所は少ないです。
駅舎が木造のものであったりすれば、もう少し見所も増えたかと思われ、それが少し残念です。
ただ、ホームに傾斜がかかっているというなかなかに珍しい造りなので、傾斜がどのくらいあるのかを確かめるために訪れてみるのも悪くないかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる「信濃追分駅」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/390-84c1bad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。