駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち 化物語セット其ノ参 阿良々木月火」  

辛抱たまらなくなって、ブルーレイレコーダーを求めヤマダ電機へ直行。
ヤマダ電機なら安い物も売ってるだろうと見込んでのことでしたが、見込みどおり昨日下見した店よりもブルーレイレコーダーの種類は結構豊富で、安価な物もちらほらと売られてました。
今回の予算は6万円ほどと雀の涙ほどで、買える機種はかなり限られていましたが、それでも4機種ほど売られていたので、商品の前でしばし熟考。
悩みましたが、どれもこれも似たような感じのもので、正直いまいち違いがよく分からなかったので、HDDの容量が一番大きく、値段も安かった「東芝 REGZA RD-BR600」をチョイス。
外付けHDをプラスしても5万5千円程で、他の機種が10万オーバーなのを考えるとかなり安い買い物でした。
早速家に帰って説明書を読んでみましたが、ここで驚愕の事実が発覚。
この機種はW録画機能がついておらず、撮れる番組は一つだけとのこと。
一緒に並んでいたブルーレイレコーダーがどれもW録画機能付きだったので、これもW録画機能付きだろうと安直に考え、きちんと確認しなかったのがいけませんでした。
他に見落としがないかネットで評判をググってみましたが、思っていた以上に評判は芳しいくなく、何というかいつもどおり安物買いの銭失いをしてしまったような感じです。
既に手元にある今となってはいかんともし難く、壊れるまで使い倒すより他ありませんが、衝動に任せて買うと碌なことがないという良い見本で、我ながらどうよと思わないでもないです。
ただ、まだ録画とかしておらず性能の善し悪しは判断できないので、予想を裏切って活躍してくれることを期待したいところです。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのはねんどろいどぷち化物語セット其ノ参のラストとなる「阿良々木月火」です。
最初に全景を紹介。

       ねんぷち化物語セット其ノ参阿良々木月火全景

他のねんぷちでは見られない和服姿ということもあって、ちょっと珍しい感じで、なかなかに悪くありません。
手が省略されてしまっているのは残念なところですが、造形的に見て無理のないものなので、手がなくても無問題です。
くるっと回すとこんな感じ。

       ねんぷち化物語セット其ノ参阿良々木月火左正面

       ねんぷち化物語セット其ノ参阿良々木月火左側面

       ねんぷち化物語セット其ノ参阿良々木月火左背面

       ねんぷち化物語セット其ノ参阿良々木月火背面

       ねんぷち化物語セット其ノ参阿良々木月火右背面

       ねんぷち化物語セット其ノ参阿良々木月火右側面

       ねんぷち化物語セット其ノ参阿良々木月火右正面

先に紹介した阿良々木火憐と同じく頭に目玉焼きをのせているのがいただけませんが、着物の柄が綺麗にプリントされていたり、各所の造形も破綻無く仕上がっていたりして、全体の出来自体は悪くありません。
で、バストアップがこちら。

       ねんぷち化物語セット其ノ参阿良々木月火バストアップ

瞳は先に紹介した火憐と同じものに仕上がっていますが、口を閉じている分だけこちらの方が見栄えする気がします。
この月火にも付属パーツが付いてきたので、パーツを換装した姿を紹介しておきます。

       ねんぷち化物語セット其ノ参阿良々木月火パーツ換装

両腕と下半身が付け替え可能となっていますが、単品だと落語家のような感じであんまりぱっとしません。
最後に、先に紹介した火憐とセットでパーツ換装した姿で並べた姿を紹介。

ねんぷち化物語セット其ノ参阿良々木月火&火憐

二体並べてポージングを決めればパーツ換装後の姿でも十分見栄えする感じになります。
というか、二体セットで並べた方が格段によくなる感じです。

この月火はキャラとしての華がなく、あんまりパッとしたものではありませんが、ねんぷちでは珍しい和装少女ということで、ボディのすげ替え要員として見れば悪くないものです。
特にカラーリングを考えると、ミクあたりに流用すれば、なかなか様になるような気もします。
付属パーツとして首から下が一式揃っていて、別の物に流用しても不都合が生じないので、そういう意味では使い勝手の良いキャラかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回はスケールフィギュアを紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/371-75a63581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。