駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー マックスファクトリー謹製「figma ペルソナ3フェス メティス」 

十六茶のおまけとして、けいおん!!のストラップが付いてくると聞きつけ、仕事帰りにコンビニへ直行。
こんな田舎町で売っているかどうか怪しかったのですが、ペットボトルコーナーを見てみると、運良く割引価格の125円と良心的な値段で何本か売られていました。
早速、キャラを選ぶべく手にとってみましたが、どれもこれも清々しいほど似ておらず、なんというかこれじゃない感がタップリ。
というか、パッケージにキャラのイラストが描かれてあるからそれとわかるだけで、イラストがなければ何のキャラかぶっちゃけわかりません。
どのキャラも髪の毛が違うだけでほぼ造りは一緒だし。
色んな意味で金をドブに捨てるような感じでしたが、買わずに後悔するより買って後悔が信条なので、唯・澪・律・紬・梓の全五種類をフルコンプリートすべく、売れ残っていた商品を漁り、なんとか全キャラを回収してレジへ持参。
ここで驚愕の事実が発覚。
店側はフルコンプ客を見越していたようで、五種セットの物を予め用意していやがりました。
田舎のくせにヲタク生息率がやたらと高い地域なので、これまでのヲタクの行動からまとめ買いを見越していたようです。
ドヤ顔の店員を前に、いい歳をしたオッサンとしては何気に恥ずかしかったですが、確実に物を確保するために、店側の用意していたセットを素直に買うことにして無事全種類捕獲完了。
今日確保したストラップについては、気が向いたらレビュー記事をアップしていきます。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのは「figma ペルソナ3フェス メティス」です。
最初にパッケージを紹介。

       メティスパッケージ

サイズは昨日紹介したアイギスのそれと同じで少し小さめ。
で、ブリスターがこちら。

       メティスブリスター

顔の表情パーツは二種類しかありませんが、その代わり小道具が多めで、コロマルが付いてきます。
こちらもアイギスと同じく、底に台座と共に付け替え用の手のパーツが入っていました。
続いて、メティス本体を紹介。
全景がこちら。

       メティス全景

大きさはアイギスと同じくらいですが、アイギスと異なりボディカラーの大半が成形色そのままで、かなりテカっています。
成形色そのままだと安っぽく見えるので、個人的にはきちんと塗装を施して欲しかったところです。
ぐるっと回すとこんな感じ。

       メティス左正面

       メティス左側面

       メティス左背面

       メティス背面

       メティス右背面

       メティス右側面

       メティス右正面

スカートとバイザー、それから右腕の飾りにはクリアパーツが使われていて、見た目も華やかな感じに仕上がっています。
どの角度から見ても成形色の安っぽさが拭えず残念な感じですが、ゴールドの縁取りなんかは綺麗に塗られていて、塗装のレベルはそこそこ高いです。
バストアップはこんな感じ。

       メティスバストアップ右正面

       メティスバストアップ正面

       メティスバストアップ左正面

髪の毛はアイギス同様だるさがあり、アイプリも少し雑な感じですが、こちらも遠目で見れば気にならないレベルです。
付属パーツを持たせた姿を幾つか紹介。

       メティス+鎚

通常顔のメティスに槌を持たせた姿となります。
視線がレンズを向いていないのであれですが、無垢で飾るよりも引き締まった感じになります。

       メティスバイザー姿+槌

頭のバイザーを下ろし、ポージングを少し弄って戦闘シーンを再現してみました。

       メティス+バス停

槌の代わりにバス停を持たせてみましたが、思ったよりも違和感はありません。
ちなみに、付属してきたコロマルはこんな感じ。

       コロマル

無可動なのが残念ですが、細部まできちんと造り込まれていて、コロマルを上手く再現しています。
最後にコロマルとのツーショットを紹介。

メティス+コロマル

ゲームは未プレイなので、こんなシーンがゲーム中にあるかわかりませんが、案外悪くない組み合わせです。

このメティスは造形の美しさに惚れ込み予約購入したものですが、フィギュアで良く見られるようなデコマスからの劣化はほとんどなく、なかなか悪くないできに仕上がっていました。
造形自体悪くありませんでしたが、それゆえに成形色そのままのボディが逆に悪い意味で際立ってしまったのが残念なところです。
クリア塗装なりで光沢を再現しておいた方が、まだ良かったような気がします。

ということで、今日はここまで。
次回はサークル希有馬屋の総集編についてきたフィギュアを紹介していきます。
スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/365-b7cf6192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。