駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち Angel Beats!セット02 天使」  

コミケでの暇つぶし用として買ったアーマード・コアラストレイブンポータブルを今もチクチクと攻略中。
アマゾンのレビューで難しいと言われていたので覚悟してましたが、想像以上に難しく一月経った今でもミッション攻略率が5割と大苦戦。
今回から強化人間モードが使えなくなったりして機体操作が難しくなってるのも影響していますが、何よりも大きいのがミッションそのものの難易度が上昇したこと。
サイレントラインまでなら難しいミッションなど数えるほどで、結構サクサクと進めることができましたが、今作はほぼ全てのミッションで躓き、一つのミッションをクリアするのに数回、酷いときには十数回もチャレンジしなければならず、ちっとも前に進みません。
もう一つの目玉であるアリーナはどうかといえば、こちらも激ムズで、序盤から旧作でいうAランククラスのレイブンが姿を見せ、こちらの攻略も遅々と進まずギブアップ寸前。
アーマード・コアはもともと一見さんお断りな感じのゲームですが、このアーマード・コアラストレイブンはそれが極まった感じで、何というかゲーム市場の規模が年々減少している時代によくもまあこんなゲームを出したといった感じです。
コアなファンがついてるのでこれでも十分利益が見込めるのかもしれませんが、自ら間口を狭めるようなゲームバランスにしているのは、ある意味で勿体ないところです。
このアーマード・コアラストレイブンは、アーマード・コアシリーズを初めてプレイする人がやるにはあまりに難易度が高いものになっていて、途中で挫折するのは確実なので、前々作のアーマード・コア3ポータブルあたりをまず先にプレイしてから手に取ることをお勧めします。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
「ねんどろいどぷちAngel Beats!セット02」を昨日に引き続き取り上げていきますが、今日は「天使」を紹介していきます。
最初に全景を紹介。

       ねんぷちAB02天使全景

天使ちゃんマジ天使。
この台詞が言いたくて買ったようなものですが、瞬殺騒動を引き起こしたかなでの上位機種にあたり、翼が綺麗に再現されていて良くできた一品です。
くるっと回すとこんな感じ。

       ねんぷちAB02天使左正面

       ねんぷちAB02天使左側面

       ねんぷちAB02天使左背面

       ねんぷちAB02天使背面

       ねんぷちAB02天使右背面

       ねんぷちAB02天使右側面

       ねんぷちAB02天使右正面

翼は別パーツとなっていて、真ん中についた穴に支柱を通すことで装着できるようになっています。
相変わらずのグッスマ品質で、塗装が一部剥げててやや残念な仕上がりになっていましたが、翼のパールホワイトが際だって美しく、出来自体は悪くありません。
ちなみに、翼を外すとこんな感じになります。

       ねんぷちAB02天使翼なし

翼がなくなると素のかなでとなり魅力が半減してしまいます。
とはいえ、他のねんぷちと比べても可愛らしい造りで、これはこれで悪くありません。
この天使にも付属パーツが付いていたので、パーツ交換した姿もついでに紹介しておきます。

       ねんぷちAB02天使ハンドソニック

付属パーツはハンドソニックで、両腕とも交換することが出来るようになっています。
好みに応じて片腕のみ差し替えるのもありな感じです。
最後にバストアップを紹介。

       ねんぷちAB02天使バストアップ

天使ちゃんマジ天使の言葉どおり、可愛らしく仕上がっています。

電撃G’smagazine特別付録「ねんどろいどぷち かなで」を手に入れることができず、悔し涙を流した身としては、上位機種となる「天使」の販売は朗報でした。
とはいいながら、この天使を購入したのは発売後随分と経ってからなので、本当に「かなで」が欲しかったのかといえば少し微妙なところですが。
この天使は、付属パーツには必要な物が過不足なく揃えられていて、同じねんぷちとして見たとき「かなで」よりも良い出来に仕上がっているかと思います。
特に天使の必須アイテムとなる翼が付いているのが決定的に良いところです。
かなでといえばやはり翼は外せないアイテムですから。
希少価値はないので、その点では「かなで」より見劣りしますが、造形的に見れば十分満足できるものかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回も引き続きAngel Beats!セット02を紹介していきます。
スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/350-fbb5f1ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。