駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち ブラック★ロックシューター」 

サバゲー用のニーパッドを買いに行ったはずなのに、何故だかねんどろいどぷち「Angel Beats!セット01」を買ってました。
どうやらすっかりねんぷちという名の泥沼にはまってしまったようで、我ながら恐ろしい限りです。
まあ、フルコンプや二個買いに走ったりしてないだけ、まだ症状は軽いのですが。
ねんぷちは、セット物や限定物だとあまり数が揃わないので、個人的には大量にどっかと手に入るBOX販売の方が有り難いのですが、つい最近けいおん!のBOXが販売されたばかりということあって、半年近くは新作が出ないような気がするので、当分の間は、単発で出るセット物や限定物で飢えをしのいでいくより他なさそうです。
でも、今回BOX販売されたけいおん!は、以前までのものと違い、コンビニでは全く目にしなかったです。
けいおんファンが買い漁ったのかもしれませんが、Fateがだだ余りだったことを考えると、店がそもそも発注していなかった可能性の方が高いです。
店の関係者にヲタクが混じっているのならともかく、そうでないと不良在庫と化す可能性がある玩具を仕入れたりはしませんから。
けいおん!については全種フルコンプしてるので、コンビニで売られてなくても実害はないのでよいのすが、この分だときちんと予約しておかないと今後はねんぷちを気軽に手に入れる機会がなくなりそうで、ちょっと嫌な感じです。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日から二回に分けて目下絶賛投げ売り中の「BLACK★ROCK SHOOTER Blu-ray&DVDセット ねんどろいどぷちB★RSセット付き (初回限定生産) 」のねんぷちを紹介していきます。
第一回目となる今日は「ブラック★ロックシューター」を紹介します。
最初にパッケージを紹介。

       BRSパッケージ

無駄に金のかかった外箱で結構豪華です。
ねんぷち目当てでなければ、値段に見合った良いものですが、正直ねんぷちにしか興味が無い身からすれば、無駄なコストがかかってると思わないでもないです。
ねんぷちの箱がこちら。

       BRSねんぷち箱

外箱と比べるとシンプルというかちょっと安っぽいものです。
収納のことを考えるともう少し良い物の方が良かったところですが、あくまでオマケなのでパッケージもシンプルなものとなったのかもしれません。
で、肝心のブラック★ロックシューターがこちら。

       ねんぷちロックシューター正面

こちらは、無垢のままの状態のものとなりますが、スケールフィギュアでは再現されていなかった星マークも印刷されてたりと、細かい所まできちんと再現されていて、なかなかの仕上がりです。
くるっと回すとこんな感じ。

       ねんぷちロックシューター左正面

       ねんぷちロックシューター左側面

       ねんぷちロックシューター左背面

       ねんぷちロックシューター背面

       ねんぷちロックシューター右背面

       ねんぷちロックシューター右側面

       ねんぷちロックシューター右正面

色彩的に見れば派手さはありませんが、細部まで凝った造りになっているので、なかなか見栄えがします。
また、塗装の粗が少ないのも好印象なところです。
付属パーツが幾つか付いてきたので、付属パーツを付けた姿を続いて紹介していきます。
まず、ブラック★ロックシューターのトレードマークとも言える目の炎を付けた姿。

       ねんぷちロックシューター炎付き

目の炎は前髪の裏手に接続パーツを付けることで装着できるようになっていました。
この接続パーツは付けづらく、きちんと付けるのに難儀しましたが、なかなかよく考えられた造りで悪くありません。
この目の炎はクリアパーツで再現して欲しかったところですが、クリアパーツを使うと取り付け器具まで透けて見えてしまうのでNGだったのかもしれません。
次に、ブレードを持たせた姿。

       ねんぷちロックシューターブレード装着

手首を差し替えることでブレード装着姿を再現できるようになっていました。
ブレードは黒一色で味気ない物でしたが、刃の色を塗り分けていればグッと雰囲気が良くなっていたかと思います。
続いて、ロックカノンを持たせた姿。

       ねんぷちロックシューターロックカノン装着

ロックカノンは腕全体を差し替えるようになっていて、カノンの位置は手首を回転させることで調整できるようになっています。
ただ、部品が小さく、すぐにぽろぽろと腕が落ちるので、思うようなポージングにするのは至難の業です。
ちなみに、全部装着した姿がこちら。

       ねんぷちロックシューター全部装着

ロックカノンが提灯をぶら下げている姿のようになってしまっていますが、ねんぷちのなかにあってはなかなか贅沢な仕様です。
最後にバストアップを紹介。

       ねんぷちロックシューターバストアップ

炎の下から瞳が見えているのはご愛敬ですが、腹の傷まできちんと再現されていて、最近のグッスマらしからぬ手抜かりのない造りになっています。

このねんぷちは、普通の限定版とは違い、パーツ類もなかなか豊富でオマケとしては破格の出来でした。
もちろん、その分の値段はきちんと価格に反映していると思われ、一概にお徳と言うことはできませんが、十分満足できるレベルではあります。
ブラック★ロックシューターをよく知らない身でも満足できる物なので、ブラック★ロックシューター好きなら押さえておくべき物かと思います。

ということで、今日はここまで。
次回は「デッドマスター」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/343-71357de1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。