駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー ZIGZ TOY謹製「真恋姫無双 曹操」 

緊急の業務ということで、朝の3時に叩き起こされ出社。
なんとか定時まで仕事をしていこうと頑張ってみましたが、老体にはさすがにきつく、どうにも体がだるく気力も沸かないので、やむなく有休を使って逃げ帰りました。
本当ならこのまま布団へ直行するのが一番なんですが、下手に今寝てしまうと睡眠のリズムが崩れてしまうので、寝るのはぐっと我慢。
歳のせいか、睡眠のリズムが一度狂ってしまうと元に戻すのが大変なので、やむを得ません。
若いうちならともかく、三十路を過ぎた今となっては、体の色々なところが残念なぐらいに衰えてきているので、深夜の呼び出しは正直勘弁して欲しいところですが、いかんせんブラックな会社に勤めてる底辺の人間なので文句も言えません。
就職先を間違ったような気がしますが、今さら手に職もないオッサンが転職できるわけもなく、なんとも切ない限りです。
まあ、スキルアップもせず、怠けてた自分が悪いのですが。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのは、ZIGZTOY製の「真恋姫無双 曹操」です。
最初にパッケージを紹介。

       曹操パッケージ

パッケージのイラストは可愛らしいもので、これをこのまま立体化したほうが良かったような気もします。
ブリスターがこちら。

       曹操ブリスター

付属品が少ないせいか、いたってシンプルなものです。
で、フィギュアの全景。

       曹操全景

躍動感のあるポージングで、傾きが心配になるところですが、ぐらつきもないので大丈夫そうな感じです。
腕を前に出しているポージングということで、真正面から見ると顔が隠れてしまいますが、斜め上から見れば綺麗に顔が見えるので、どこぞのフィギュアと違って問題はありません。
続いて、八方向からの眺め。

       曹操正面

       曹操正面左

       曹操左

       曹操左後ろ

       曹操後ろ

       曹操右後ろ

       曹操右

       曹操正面右

ポージングのせいで角度限定となりますが、どの角度から見ても衣装の細かい所などで手を抜いておらず仕上がりは上々です。
ちなみに、パンツは最先端の縞パンではなく、無地の白です。
身に纏った服ははこんな感じ。

       曹操衣装正面

結構造り込まれていて、パッと見キャストオフ仕様には見えない仕上がりです。
その他の細かな所がこちら。

       曹操髪飾り

       曹操鎌

髪飾りや鎌などの装飾もきちんと造形がなされていて手抜きはありません。
次に、フィギュアの命となるご尊顔を紹介。

       曹操顔正面

       曹操顔右

       曹操顔左

髪の毛の造形に若干のだるさが認められたり、アイプリがデカールを張ったような感じになってしまっていたりして、少し残念な感じですが、遠目で見る分には違和感はなく及第点の仕上がりかと思います。
ただ、口を開けた表情なので、このへんで好みが分かれるかもしれません。
最後に、衣装を全てパージした姿を紹介。

       曹操キャストオフ正面

       曹操キャストオフ右

腕と足の服以外は全てパージできるようになっていますが、前回紹介した優月と比べると、色々な箇所がかなり控えめになっていて、所謂ツルペタロリの範疇に含まれるような感じです。
そのせいか、キャストオフしてもそれほどエロくは感じられません。
アップがこちら。

       曹操キャストオフアップ

股間の造り込みもなくいたって健康的な感じです。
物足りないといえば物足りないですが、悪くはありません。

このZIGZTOYのキャストオフギミックは、メガハウスのそれと比べるとやや劣りますが、かなり着脱がしやすく、新参メーカーにしてはなかなかのレベルにあります。
今回の曹操も、メガハウスのように薄さを追求するあまり着せるのに苦労するような感じではなく、無理なく着脱できるよう工夫されていて悪くありませんでした。
裸姿はもちろん、服を着せたままでも十分見栄えする仕上がりになっているので、買って損はないフィギュアかと思います。
ちなみに、このフィギュアは右腕のはまりが極めて悪くなっていますが、どうもこれは寒さのせいとのことで、ZIGZTOYのブログ(11月25日の記事)に対応策がきちんと載っているので、これから買われる方はブログを一読することをお勧めします。

ということで、今日はここまで。
次回もフィギュアレビューを行っていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/311-4ed84ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。