駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー 回天堂謹製「爆乳メイド狩り 優月」 

ネタもないのでさっくりとフィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのは、回天堂の「爆乳メイド狩り 優月」です。
最初に全景を紹介。

       優月全景

専用台座はミラー仕立てのもので、台座から伸びた棒と足裏のだぼ穴とで固定するようになっていますが、傾き対策のためか金属製の棒が一本設けられています。
八方向からのショットがこちら。

       優月正面

       優月左正面

       優月左

       優月左後ろ

       優月後ろ

       優月右後ろ

       優月右

       優月右正面

衣装があまりにも手抜きなもので、溢れんばかりにチープさが漂ってます。
肝心の胸がこちら。

       優月胸

タイトル通りの爆乳で、顔とほぼ同じ大きさです。
胸の谷間もグランドキャニオン並。
で、フィギュアの命とも言える顔がこちら。

       優月顔正面

       優月顔右

       優月顔左

顔自体は悪いものではありませんが、髪が全てを台無しにしている感が否めません。
髪の毛のぼてっとしただるい造形と不自然にてかった塗装が、衣装のチープさとあわせて泥人形ぽさを強く醸し出しています。
ちなみに、他のフィギュアとサイズを比べて見るとこんな感じになります。

       優月サイズ比較

ダメリと比べると優に3倍はあります。
いちおう1/6スケールとなっていますが、ダメリが約11センチなので、サイズ的に見ると1/5スケールぐらいな感じです。
安っぽい衣装といい、だるい髪の毛の造形といい、このままであれば間違いなくハズレなフィギュアで、買って後悔の典型的なものになってました。
が、このフィギュアは脱げます。


ここから先の画像には必要な処理はしてありますが、他のフィギュアのそれと比べると露骨な感じのものなので、そういうのが嫌いな方は以降はスルーしてください。




まず、上着をパージ。

       優月上着パージ

爆乳が露わになり、エロさが急上昇。
胸の塗装と造形は手抜かりなくきちんと施されていて、なかなかリアルな感じに仕上がっています。
スカートが安っぽいのが残念ですが、迫力のある胸に目が行き、それほど気にはなりません。
横から見るとこんな感じ。

       優月上着パージ横

胸の横にだぼ穴がありますが、これは別パーツとなるブラを付けるためのものです。
ブラを付けた姿がこちら。

       優月上着パージブラ装着

ブラは下にずり下げた格好のもので、胸を隠すような野暮なものではありません。
次に、スカートをパージ。

       優月スカートパージ

       優月スカートパージ後ろ姿

パンツを履いていましたが、こちらも衣装同様安っぽい代物で、ぼてっとした感じです。
スカート姿よりもいただけませんが、このパンツも当然のように脱がすことができます。
パンツをパージした姿がこちら。

       優月全裸

       優月全裸後ろ姿

胸の造形の他に、大切な場所もきっちりかっちりと造り込まれていて、稀に見るほどエロい出来に仕上がっていました。
この姿を見ると、衣装が単に目隠しのためだけに造られたパーツに過ぎないということがよく分かります。
細部はこんな感じ。

       優月胸

       優月下腹部

       優月尻

       優月ベストアングル

けしからんほどのわがままボディで、胸といい、お尻といい、どのパーツにもエロスが満ちていて一分の隙もありません。
特に股間の造り込みがエロく、希有馬屋の最終フィギュアシリーズのそれよりも生々しい感じです。

このフィギュアは服こそ着ていますが、脱いだ姿こそが本来の姿といっても過言ではなく、お尻や胸や腰のくびれなど、どこをとってもエロスが溢れ、全体的なバランスからいっても十分満足できる造形に仕上がっていました。
髪の毛の造形に少し難がありますが、裸姿にすると不思議とそれほど気にならなくなるので無問題です。
初販は発売早々に瞬殺になりましたが、あみあみで再販予約を今のところまだ受け付けしているようなので、変態紳士であれば買っておくべき一品かと思います。

ということで、今日はここまで。
次回もフィギュア紹介を行います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/310-664baf8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。