駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 三岐鉄道北勢線補完編 阿下喜駅「軽便鉄道博物館」 

グッドスマイルカンパニーから「レーシングミク 2010ver」が今日リリース。
デコマス段階から気になっていたフィギュアだったので、キャストオフしないものですが、あみあみでひとまず予約。
未だ絶賛投げ売り中の「初音ミクVN02 mix」を見るに、初音ミクという名前を冠した別な何かといった感じのこのフィギュアも、同じ道を辿る可能性もなきにしもあらずで、慌てて予約するよりも発売後の様子を見てから買った方が賢明だったかもしれません。
とはいえ、入荷数を絞られ発売日に手に入らないというリスクを考えると、予約しておいた方が安心できるので、投げ売り分との差額は安心料と考えて目を瞑ります。
このレーシングミクは、「ワールドイズマイン」を作られた少女植物園さんが造形師ということで、結構癖のある造形に仕上がっていて万人向けとは言い難く、好みがはっきりと分かれる気がしますが、個人的には好みの造形なので、このままデコマスから劣化せず仕上げて欲しいところです。
ただ、最近のグッスマは品質低下が著しく、物づくりのメーカーとしては色んな意味でアウトな状況なので、予断を許しません。
まあ、ブラック★ロックシューターよろしく、ロゴを印刷し忘れてくれるのなら大歓迎なんですが。
グッスマレーシングのロゴマークは、はっきり言って目障り以外何物でもないので。
発売は5月ということで半年も先ですが、届いたらレビュー記事をアップしていきます。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日は北勢線補完編の最終回となりますが、阿下喜駅に隣接して作られた「軽便鉄道博物館」を紹介していきます。
最初に博物館を紹介。

阿下喜駅軽便鉄道博物館

第一・第三日曜日のみの開館ということで、訪れた時は閉まっていましたが、阿下喜駅に隣接して設けられた駐車場の奥にあり立地条件は抜群です。
続いて、阿下喜駅側から撮影した博物館の全景がこちら。

阿下喜駅軽便鉄道博物館全景

手前に見えるターンテーブルは、その大きさから見てかつて軽便鉄道用に使われていたものと思われますが、説明書きの類は一切無いので詳細は不明。
ターンテーブルを取り囲むように伸びる線路は、ミニ電車を走らせるために敷設された15インチゲージで、この線路を使った体験乗車がこの博物館のメインとなっているようでした。
最後に、唯一この博物館の敷地に展示されていた車両を紹介。

軽便鉄道博物館展示車両その1

軽便鉄道博物館展示車両その2

この写真は三岐線の丹生川駅の貨物鉄道博物館を訪れた際に撮影したものですが、一年前に訪れた時も似たり寄ったりな感じの状態で、それほど変化は見られませんでした。
この車両がいつ完成するのかは不明ですが、作業の進捗状況を考えると、数年はかかりそうな気がします。
この車両の来歴も説明書きがないのでわかりませんが、北勢線に縁のある車両と思われます。

この軽便鉄道博物館は、博物館というよりも、むしろミニ電車を楽しむ遊園地といった感じのものでした。
ターンテーブルや電車がせっかくあるので、説明看板を付ければそれらしくなったかと思われ、このへんをもう少し改善した方が良いような気がします。
思いの外見所は少ないですが、これだけ小さなターンテーブルも珍しいので、阿下喜駅を利用するついでに立ち寄ってみるのも悪くないかとと思います。

ということで、今日はここまで。
次回からは1週間ほどフィギュアレビューを行っていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/309-0561416b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。