駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 三岐鉄道北勢線補完編 北大社車庫 

アーマードコアサイレントラインを攻略中。
前作のアーマードコア3と比べて地味に難しく、早くも少しだけうんざりしたりしてますが、一つのミッションをクリアするのに時間がかかるので良い暇つぶしなってくれます。
この時期、世間ではモンスターハンターポータブル3rdが注目を集めてるようですが、モンハンは色んな意味でレベルが高すぎてついていけない口なので、今のところこちらに手を出す予定はありません。
アーマードコアもたいがい操作性に難がありますが、モンハンはそれよりもシビアな面が色々と多く、ロートルには最早ついていけないゲームになってしまっていますから。
初期の頃はなんとか楽しめたんですが、歳はとりたくないものです。
個人的にはモンハンよりも、アーマードコアのPSPオリジナル作品を新たにリリースして欲しいところですが、今までの販売形態を見るに、多分というか間違いなくPS3の型落ちが来ると思われ、儚い夢に終わりそうです。
このアーマードコアサイレントラインは、思ったよりも攻略に手こずってるので、年末のコミケ詣での時間潰しアイテムとして重宝しそうです。

さて、駅舎訪問をはじめます。
昨日の阿下喜駅で三岐鉄道北勢線の駅は全て紹介しましたが、この中で取りこぼしていた関連施設を、今日から2回に分けて紹介していきます。
第1回目となる今日は、大泉駅と東員駅の途中にある「北大社車庫」を紹介します。
この車庫の入口がこちら。

北大社車庫全景

2階建ての大きな車両庫が奥に控えていて、かなり目を惹きます。
この車両庫は、その高さから見て、車体を吊り上げるためのクレーンが天井に仕込まれているものと思われますが、外からでは中を見ることができないので真相は不明です。
この車両区の入口に置かれてた碑を続いて紹介。

北大社車庫石碑

JRの機関区でも見かけることのある安全塔です。
手前に置かれた車輪は、その大きさから見て、おそらくこの路線で使われている特殊狭軌のものと思われます。
入口へと続く道沿いにガラクタ置き場があったので、こちらもついでに紹介しておきます。

北大社車庫ガラクタその1

北大社車庫ガラクタその2

駅や車両で使われその役目を終えたと思しき種々雑多な品々が、種類別に整然と置かれていました。
車両の部品なんかには疎いのであれですが、日頃目にすることのない部品が多く、その筋のマニアにはたまらないものなのかもしれません。
最後に検査中と思しき車両を紹介。

北大社車庫検査車両

台車が外され、車体だけの姿となって置かれていました。
普段見ることのない格好でなかなか珍しい感じです。
台車の代わりに履かされていたのがこちら。

北大社車庫検査車両ゲタ

車体を移動させるためだけに付けられたらしいいたってシンプルなものでした。
ゴテゴテとした台車を見慣れた目から見ると、何とも心許ない感じですが、短距離を動かすだけならこれで十分なのかもしれません。

この北大社車庫は、一般人の立ち入りが禁止されており、無断で中に入ることはできません。
ここで紹介した写真も外から撮影したものです。
ただ、中に入ることはができなくとも、外からでも色々な物を見ることができるので、十分に楽しめます。
特に検査中の車両を見ることができたりするので、車で北勢線に行くことがあれば、是非とも訪れておきたい場所です。

ということで、今日はここまで。
次回は阿下喜駅に隣接して作られた「軽便鉄道博物館」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/308-a7afab8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。