駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 三岐鉄道北勢線編第12回目 楚原駅~西桑名方面ホーム~ 

アーマードコア3ポータブルをほぼコンプリート。
ミッションとアリーナを全てクリアし、強化人間の全機能を獲得することにも成功しました。
ミッションやアリーナの攻略はそれほど難しくなかったのですが、強化人間の機能獲得が難航を極め、かなり手こずりました。
ただ、苦労しただけあって手に入れたときの喜びもひとしおで、強化人間の全機能を入手したらやり遂げた感で一杯になり、モチベーションが驚くほど下がりました。
ミッションクリアの追加報酬として支給されるラジエーターさえ手に入れれば、隠しパーツの入手もコンプリートとなり、ゲーム自体をフルコンプリートすることができる段階にまで至っていましたが、モチベーションがだだ下がりとなった今では難易度の高いミッションをやる気にもならなかったので、中途半端でしたがひとまず今日でアーマードコア3ポータブルは打ち切りにすることにしました。
続編となる「アーマードコアサイレントライン」を買っていなければ、時間潰しのため土曜日まで何とかプレイすることができたような気がしますが、早く新作をプレイしたいばかりになってたので、ここまでが限界でした。
サイレントラインはまだミッションを一つクリアしただけなのであれですが、前作と同じなかなかく楽しめそうな感じに仕上がっていてこれからが楽しみです。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日は大泉駅の次の駅となる「楚原駅」を紹介していきます。
最初に駅舎を紹介。

楚原駅駅舎

他の駅とはデザインが大幅に異なり、建設時期も他の駅のそれよりもかなり古めなものでした。
ただ、外壁なんかを見る限り、建てられたのはそれほど前ではなさそうな感じで、せいぜい遡っても二十年ほど前ぐらいかと思われます。
駅舎の中がこちら。

楚原駅駅舎改札口

楚原駅駅舎内

お馴染みの三点セットが鎮座してましたが、窓口にはきちんと駅員が配されていました。
壁に貼られたタイルが時代を感じさせますが、駅っぽい雰囲気が漂っていてなかなか悪くありません。
窓口の対面には、他の駅ではあまり見かけない個室形式の待合室が設けられていて、列車待ちの乗客には便利な造りになっていました。
続いて、ホームの眺めを紹介。
まず、阿下喜方面。

楚原駅西桑名方面ホーム阿下喜方面

次に、西桑名方面。

楚原駅西桑名方面ホーム西桑名方面

二面二線の相対式ホームで、単式ホームと島式ホームが幅をきかせる北勢線にあっては珍しい造りです。
このホームは真っ直ぐではなく、ホームの西桑名方面の端がちょっとだけですがカーブを描いていて、少し歪な形になっています。
ホームの間は、西桑名方面の端に設けられた構内踏切で結ばれていました。
この構内踏切から観たホームの全景はこんな感じ。

楚原駅西桑名方面ホーム全景

後付けで付けられたらしいビニール製の庇が安っぽくちょっといただけませんが、雨の日の乗客の便を考えたものと思われ、利用するには悪くないものです。
ちなみに、こちらのホームは西桑名方面行き乗り場となります。
最後にこのホームの駅名表示札を紹介。

楚原駅西桑名方面ホーム駅名表示札その1

楚原駅西桑名方面ホーム駅名表示札その2

この駅には吊り看板式と立て看板式の二種の駅名表示札が置かれていて、他の駅と比べて贅沢な仕様となっていました。

ということで、今日はここまで。
次回は阿下喜方面ホームを紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/304-61bc74ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。