駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 三岐鉄道北勢線編第7回目 星川駅 

職場の空気が乾燥して口がやたらと渇くので、風邪の予防も兼ねてデスクワーク用の小型加湿器を調達することを決断。
ペットボトルを給水ポンプ代わりに使ってるものなら安いだろうと安直に考え、近所の家電量販店に行ってきましたが、どうも考えが甘かったようで、ペットボトルを使っていようといまいとどれもこれも4千円オーバー。
普通の加湿器が1万円前後だということを考えるとかなり強気な値段設定です。
小型加湿器に5千円も出す気にならないので、安くて場所を取らないものを探すため、何件かお店をハシゴ。
最後に訪れた店で、ようやく2千円台の小型加湿器を見つけることができました。
が、安いだけあってデザインがいまいちで、サイズも他のものと比べてもかなり大きめ。
買おうかどうかかなり迷いましたが、デザインが気に入らず購入は断念。
毎日使う物なので、気に入らないデザインのものを使う気にはどうしてもなれませんでした。
やむなく加湿器売り場を離れようとしたところで小型加湿器のワゴン売り場を発見。
あまり期待せずワゴンの中を見てみたら、あからさまに外箱が傷んでいたものの、そこそこのデザインのものが1台だけ埋もれていました。
値段も2千5百円とリーズナブルだったので、外箱の傷みには目を瞑り引き取ることに。
買ったのはKX-51UPというもので、値段の安さが示すように昨年の売れ残り商品のようでしたが、加湿性能に何の問題も無く、悪くない買い物でした。
月曜日に職場へ持っていく予定ですが、これで風邪を引くリスクを減らすことができそうです。

さて、駅舎訪問を始めていきます。
今日は在良駅の次の駅となる「星川駅」を紹介していきます。
最初に駅舎を紹介。

星川駅駅舎

久しぶりに目にするやっちゃった感のある駅舎ですが、壁面に付けられた星を除けば、デザイン的にはそれほど奇抜なものではありません。
駅名に引っかけて付けられたと思しき星は薄汚れていて、色々んば意味で残念な感じになってますが、駅舎自体はそれほど古くなく、最近建てられたような感じです。
この駅舎はホームの高さに合わせるように嵩上げされてますが、階段の他にスロープがきちんと設けられていてバリアフリー対応となっていました。
駅舎の中がこちら。

星川駅窓口

星川駅改札

この駅にも窓口、自動券売機、自動改札機の三点セットが置かれていましたが、他の駅と同じく無人駅でした。
ちなみに、自動券売機の隣に待合所が設けられていて、他の新造駅と違って雨風に晒されることなくゆっくりと電車待ちができるようになってます。
続いて、ホームの眺めを紹介。
まず、阿下喜方面。

星川駅ホーム阿下喜方面

次に、西桑名方面。

星川駅ホーム西桑名方面

1面1線の島式ホームで、床面はアスファルト敷きでなく、打ちっぱなしのコンクリートになっていました。
このホームも駅舎同様に新造された感じで、コンクリートの表面もまだ白さを残し綺麗なままです。
ちなみに、ホームの全景がこちら。

星川駅ホーム全景

ホームはブロック積みではなく、桁の上にコンクリートの板をのっけた感じの造りで、最近の駅でよく見かけるタイプのものでした。
最後に駅名表示札を紹介。

星川駅駅名表示札

北勢線でデフォとなるデザインのものですが、経費節減のためか柵にくっつけるような格好で設置されててました。

この駅は、北勢線では珍しく外観の自己主張が強い駅でしたが、その自己主張がマイナスに働いてしまっていてある意味残念な感じでした。
駅舎自体は没個性的なものなのであれですが、星がない方がまだマシなような気がします。
新造駅ということであまり見所はありませんが、すぐ隣にショッピングセンターがあり駐車場には事欠かないので、利用する分には悪くない駅かと思います。

ということで、今日はここまで。
次回は次の駅となる「七和駅」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/299-c34a5362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。