駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

鉄道博物館訪問 貨物鉄道博物館~後編~ 

今週末に田舎から出てきた祖母を連れ、親が我が家を強襲することが急遽決定。
抵抗したものの、話の通じる相手ではなく、泣く泣く申し出を呑まざるを得ませんでした。
ここで問題になるのは、案の定というか何というか、我が家を占拠した数多のフィギュア。
人を家に招かないことを前提に、欲望の赴くままにエロフィギュアを60体あまり飾っていますが、これを見られたら色んな意味でアウトです。
一体だけならまだ言い訳もできますが、これだけの量となるとさすがに親たちを言いくるめられるだけの言い訳が思い浮かびません。
ヲタクを今の地位におとしめる元凶となった宮崎勤事件の際に、「あんた大丈夫よね?」と真顔で尋ねられた前科があるので、これを見られた時の反応は推して図るべしです。
よくて家族会議、最悪の場合、カウンセリングという名目で精神科へ強制連行されかねません。
ということで、今日から週末に向けて隠蔽工作を開始する予定。
骨が折れる作業なのでうんざりしますが、普通の社会人であることを装うためにはやむを得ない措置です。
にしても、こういうことが起こると、フィギュア収集はつぐつぐ因果な趣味だと思い知らされます。

さて、鉄道博物館訪問をはじめていきます。
今日は貨物鉄道博物館の残りの展示車両を紹介していきます。
最初に、展示ブロックの全景を紹介。

貨物鉄道博物館第二ブロック展示風景全景

蒸気機関車が置かれてたところとは線路で結ばれていますが、目測で100メートルほど離れていて、案外距離があります。
写真の中央に黒い点のように見えるのが展示車両です。
展示車両の全景がこちら。

貨物鉄道博物館第二ブロック展示車両全景後ろ

貨物鉄道博物館第二ブロック展示車両全景前

こちらも蒸気機関車の展示と同じく、貨車同士が連結されていて、貨車編成ぽい感じになっています。
入口からだとタンク車が先頭になりますが、ディーゼル機関車を先頭と考えた方が編成的には相応しい感じです。
続いて、個々の車両を先頭から簡単に紹介していきます。

DB101正面

DB101背面

現地には詳しい解説がなかったので詳細は不明ですが、車体プレートにDB101と刻まれていたので、二軸式のディーゼル機関車ということが知れます。
長大な貨車を牽引するには、あまりに非力すぎる車両ではありますが、他に適当な車両がなかったのかもしれません。

貨物鉄道博物館シキ160形160号正面

貨物鉄道博物館シキ160形160号背面

シキ160形160号ですが、桁違いの大きさで、展示車両の中にあって圧倒的な存在感をもって佇んでいます。
説明文によると、昭和30年製造の変圧器輸送用の130トン積の大物貨車とのことですが、他の博物館では見られない珍しい車両です。

貨物鉄道博物館ホサ1形1号正面

貨物鉄道博物館ホサ1形1号背面

石灰石を輸送するために造られたホッパ車で、形式名はホサ1形1号となります。
この貨車は昭和5年製造ということで、車両に打たれたリベットが時代の古さを感じさせます。

貨物鉄道博物館テラ1形146号正面

貨物鉄道博物館テラ1形146号背面

生石灰を運搬するために造られた鉄製の有蓋貨車で、形式名はテラ1形146号となります。
製造年は昭和40年とのことで、展示車両の中にあっては比較的新しい貨車です。

貨物鉄道博物館タム500形2920号正面

貨物鉄道博物館タム500形2920号背面

昭和33年製造の二軸式タンク車で形式名はタム500形2920号です。
形状なんかは今使われているタンク車とそれほど大きな違いはありませんが、二軸式ということでかなり小さめです。
蒸気機関車の展示ブロックと比べると、こちらの展示ブロックには華がありませんでしたが、シキ160形160号の存在感が際立ち、十分満足できるものでした。

この貨車鉄道博物館は名前のとおり貨車が中心で、些か地味ではありますが他の博物館では見られない古い貨車がずらりと並び、その名に恥じぬ立派な博物館でした。
ちなみに、この博物館で個人的にお勧めなのがシキ160形160号です。
トラス構造の車体は軍用車両を思わせる感じで、間近で見るとその迫力に圧倒されるのは間違いなく、一見の価値ありです。
シキ160形160号以外にも、古い貨車を間近で見ることができるので、貨車好きなら訪れておくべき博物館かと思います。

ということで、今日はここまで。
次回からは三岐鉄道北勢線を紹介していきます。
スポンサーサイト
鉄道博物館  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/291-87c009db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。