駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 三岐鉄道三岐線編第14回目 西野尻駅 

水槽の掃除中に行方不明となっていたカージナルテトラを一匹発見。
ここ数日姿が見えないと思ったら、水槽から飛び出してしまっていたようで、水槽の脇でひっそりと干からびてました。
これで飛び降り自殺したカージナルテトラは2匹目となります。
普段は飛び跳ねたりしていないので、水槽の外に飛び出るということ自体が想像を越える出来事ですが、早くも2匹目となるので、ひょっとしたら知らないところではかなり活発に活動しているのかもしれません。
何しろ我が家のカージナルテトラは、一向に飼い主に慣れる気配もなく、水槽に近づくだけですぐに水草の影に隠れてしまい、未だその詳しい生態は不明ですから。
自殺防止のため何らかの対策が必要そうですが、水槽を覆う専用の蓋からして隙間が多いものなので、手の打ちようが無いのが実際のところです。
今できることといえば、これ以上外に飛び出さないことを祈ることぐらいです。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日紹介するのは、伊勢治田駅の次の駅となる「西野尻駅」です。
駅の全景を最初に紹介。

西野尻駅全景

この駅は、三岐鉄道三岐線では珍しく駅舎のない無人駅で、ホームと安っぽい待合所だけがポツンと佇んでいました。
これまでどの駅も有人駅だったので、初めて遭遇する無人駅ということでかなり新鮮でしたが、これだけ有人駅が多い路線も珍しいです。
たいていのローカル線では、ターミナル駅を除き、こんな感じの無人駅がデフォとなっているので。
続いて、ホームの眺めを紹介。
まず、近鉄富田方面。

西野尻駅ホーム近鉄富田方面

次に、西藤原方面。

西野尻駅ホーム西藤原方面

1面1線の単式ホームで、道路を挟んだ駅のすぐ側には杉林が迫っています。
夜ともなればホームを照らす明かりのみが頼りとなる感じで、なかなか怖そうなロケーションですが、昼でも利用者の姿が見えないので、わざわざ夜に利用しようとする人なんてほとんどいないのかもしれません。
利用者が少ないせいか、他の駅よりもずっと手が抜かれてる感じで、特にホーム上の待合所があまりにも安っぽい感じでした。
それがこちら。

西野尻駅待合所

屋根といい壁といいやっつけ感が漂う造りです。
中に置かれている長椅子もコーラのロゴの入った樹脂製のもので、徹底的な省コスト設計です。
待合所自体は残念なものでしたが、中には珍しいものがあったのでついでに紹介しておきます。

西野尻駅待合所内物品

無人駅らしい設備ですが、待合所本体よりも古い物で、なかなかに味わいがあります。
これを見るに、昔はもう少しまともな待合所が設けられていたのかもしれません。
最後に駅名表示札を紹介。

西野尻駅駅名表示札

駅名表示札は他の駅と同様三岐鉄道三岐線でデフォとなるもので、きちんとしたものが建てられていました。

この駅は、三岐鉄道三岐線の中にあって唯一の無人駅ということで、希少価値は高い駅ですが、他のローカル線の無人駅と比べると趣があまりなく、見所も少ないです。
待合所を木製の物にして、柵も無粋な黄色の塗装でなく錆びた鉄色の物にすれば、もう少し印象も良くなっていたかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回は三岐鉄道三岐線の終着駅となる「西藤原駅」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/288-a47afeea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。