駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st ユーノ・スクライア(バリアジャケット)」 

とある魔術の禁書目録第1期を全話視聴。
このアニメは全24話でしたが、14話までで一区切り付いた感じで、残りの10話は蛇足だった感が否めません。
最終話もなんというかこれで終わりかいなという中途半端な感じだったし。
それもこれもストーリーの配置ミスのせい。
残り10話をアクセレイターに関わる回の前に配しておけば、アニメ全体にきちんと区切りがついて、ストーリー全体としてよりまとまった感じになってたように思われます。
とはいえ、退屈せずに全話視聴できたので、個人的には相性のあった作品ではありました。
これで勢いがついたので、スピンアウト作品となる「とある科学の超電磁砲」も視聴を開始。
こちらはストーリーもこなれていて、禁書目録と比べてだいぶ見やすいですが、あの暑苦しい主人公があんまり出てこないせいか、どこか物足りない感じがして正直いまいち。
暑苦しくウザイと思っていましたが、禁書目録の主人公は案外心に残るキャラだったのかもしれません。
超電磁砲についてはまだ半分ほどしか見ていないので、残りの回に期待したいところです。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのは「ユーノ・スクライア(バリアジャケット)」です。
最初に八方向からのショットを紹介。

       ユーノ(バリアジャケット)正面

       ユーノ(バリアジャケット)左正面

       ユーノ(バリアジャケット)左

       ユーノ(バリアジャケット)左背面

       ユーノ(バリアジャケット)背面

       ユーノ(バリアジャケット)右背面

       ユーノ(バリアジャケット)右

       ユーノ(バリアジャケット)右正面

ユーノといわれればそう見えなくもない感じです。
なのはやフェイトなんかと違って、ユーノ自体もともと特徴が薄いキャラなので、デフォルメするとそれらしい雰囲気が失われてしまうのかもしれません。
まあ、男キャラということで、キャラ自体良く覚えていないということも少なからず影響していると思いますが。
続いて、バストアップを紹介。

       ユーノ(バリアジャケット)バストアップ

他のキャラのバリアジャケットverと同じく、こちらも戦闘モードということで、きりりとした顔になっています。
ユーノというとほんわかとしたイメージがあるので、少し違和感がありますが、戦闘シーンを再現したものと思えば、これはこれで悪くはありません。
肩に付けたマントは着脱可能なので、最後にマントを外した姿を紹介。

       ユーノ(バリアジャケット)マント無し正面

       ユーノ(バリアジャケット)マント無し背面

マント無しでも十分な出来ですが、他のキャラと同様にマントはあった方が締まって見えます。

ユーノ自体もともと華のあるキャラではなく、かつ幼女萌えな大きなお友達向けの作品ということもあって、なのはシリーズの中では外れかと思います。
ただ、男キャラということもあり、箱売りでないと立体化されることがない感じなので、ユーノファンにとっては当たりかもしれません。
造形に限ってみれば、それなりにしっかりとしていて悪くないものですし。
アリサに付属するフェレット姿のユーノと飾るのがお勧めです。

ということで、今日はここまで。
次回は「クロノ・ハラオウン(バリアジャケット)」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/276-1ee48ff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。