駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

フィギュアレビュー グッドスマイルカンパニー謹製「ねんどろいどぷち 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 高町なのは(制服)」 

今まで使っていた水槽用のヒーターが、4リットル用のもので全くの役不足ということが昨晩判明し、新たな水槽用ヒーターを調達すべく仕事帰りにホームセンターへ行ってきました。
金魚はこのヒーターでも問題なく越冬してたので、頑張れば大丈夫なような気がしないでもないですが、相手は金魚ほどタフではない熱帯魚なので死ぬ危険性も大。
初めての越冬をつつがなく終わらさせるためには、やはり適切な設備を確保しておいた方が安心できます。
水槽用のヒーターは、大きく分けてオート式のものとサーモスタット式の二種類あり、細かな温度設定ができるサーモスタット式の方が使い勝手は良いのですが、コストが高く付くのが難。
財政事情が極めて厳しいので、安価なオート式のものに的を絞って選んでみましたが、そこそこ数があり絞り込むだけで一苦労。
何とか、水作の「水槽あったまーる 50」とテトラの「26℃セットヒーター 50W」、それと寿工芸の「セイフティオートIC 55W」の三つまで絞り込むことに成功。
コスト的にはテトラ、水作、寿工芸の順で、水作がベスト。
一方、機能面ではテトラと水作はほぼ同じで、寿工芸の物が群を抜いて高性能でした。
つらつらと悩んだ挙げ句、空焚き防止機能が付いてたりと機能面で勝っていた寿工芸の物をチョイス。
多少値は張りますが、やはり性能が良い物の方が安心できます。
水槽に早速取り付けてみましたが、加温ランプでヒーターの動作の有無が確認できるのが思いの外便利で、買って正解の一品でした。
我が家の水槽もこれで何とか冬を越せそうな感じです。

さて、フィギュアレビューをはじめていきます。
今日紹介するのは「高町なのは(制服)」です。
八方向のショットをまずは紹介。

       高町なのは(制服)正面

       高町なのは(制服)左正面

       高町なのは(制服)左

       高町なのは(制服)左後ろ

       高町なのは(制服)後ろ

       高町なのは(制服)右後ろ

       高町なのは(制服)右

       高町なのは(制服)右正面

他のねんぷちと比べると造形はいたってシンプルなもので、小物の類も一切付属せず、寂しいといえば寂しい感じです。
塗装についてはシンプルな制服ということで、それほど粗は目立ちません。
で、バストアップがこちら。

高町なのは(制服)クローズアップ

頭のツインテールは、別パーツになっていて、可動させることもできますが、遊びの余地はあんまりありません。

この高町なのは(制服)は、造形こそ極めてシンプルですが、踊るようなそのポージングがなかなか秀逸で、数を集めて円を描くようにして飾ってみたり、フェイトの頭とすげ替えて一緒に踊らせてみたりと、他のキャラよりも遊びの幅が広く楽しめるものかと思います。
他のキャラよりも付属パーツが少ないので、一番軽い箱を狙えば引き当てることができそうな気もしますが、アリシアも同じような感じなので、間違ってアリシアを引き当ててしまうかもしれません。
個人的には今回の一番くじの中でも当たりキャラかと思います。

ということで、今日はここまで。
次回は、「アリサ・バニングス+ユーノ・スクライア(フェレット)」を紹介していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/270-460efce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。