駅と鉄道、ときどきドール

ドールとの旅行記が中心の日記ブログになります。ドールが苦手な方はご注意下さい。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

駅舎訪問 三岐鉄道三岐線編第4回目 暁学園前駅 

今日からローソンで「けいおん!!ねんどろいどぷちセット」の予約が始まった模様。
ちょっとしたお祭り状態だったようで、興味本位で争奪戦に参戦。
携帯からアクセスしてみましたが、案外さっくりと入れてちょっと拍子抜け。
こんなことなら予約を止めようかとも思いましたが、コレクターの悲しい性で、数量限定という言葉につられてしまい、さほど欲しくもないのについ予約。
4月14日以降の販売ということなので、その頃にはすっかり熱も冷めているのは間違いなく、色んな意味で早まったかと思わないでもないです。
何より4月以降の販売だと引っ越しというリスクがあるし。
ただ、Loppiで手続きを済ませてしまっているので、もはや引き返すことはできません。
無事引き取ることができたら、このねんぷちについてもレビューをアップしていきます。

さて、駅舎訪問をはじめていきます。
今日は平津駅の次の駅となる「暁学園前駅」を紹介していきます。
最初に、駅舎を紹介。

暁学園前駅駅舎正面

これまでの駅舎とは違って大きめなものになってました。
正面が左を向いていたので、真正面から撮影しづらいのが少しネックです。
裏手がこちら。

暁学園前駅駅舎背面

駅舎の裏手にも入口があり、左右どちらからでも駅舎に入ることができるようになっています。
こちら側から見ると、駅舎が真四角ではなく、二階部分がちょっと変則的な造りになっているのがよくわかります。
そのせいで見栄えはあんまり良くありません。
で、駅舎の中。

暁学園前駅駅舎改札口

改札にはきちんとした設備が設けられ、窓口付近にもそれらしい雰囲気が漂っています。
駅名から近くに学校があるものと思われ、大量の学生を上手く捌くために、こういう造りになっているのかもしれません。
ホームから見るとこんな感じ。

暁学園前駅ホーム改札口

改札の正面に見えるのは待合所です。
殺風景な眺めですが、ピーク時には島の部分に駅員が立って、乗客を捌いていくものと思われ、機能的なものではあります。
続いて、ホームの眺めを紹介。
まず、近鉄富田方面。

暁学園前駅ホーム近鉄富田方面

次に、西藤原方面。

暁学園前駅ホーム西藤原方面

1面1線の単式ホームになっていて、駅舎の大きさを考えると、ちょっと不釣り合いな気がします。
ただ、ホームの幅はかなり広く、大勢の客が支障なく乗り降りできるようになっているので、このへんはきちんと考えられてはいます。
最後に駅名表示札を紹介。

暁学園前駅駅名表示札その1

他の駅にはない吊り下げ式のもので、デザインも異なっていてちょっと異色なものです。
これを補うようにして壁面にもう一枚駅名表示札が貼られていました。
それが、こちら。

暁学園前駅駅名表示札その2

ぺらぺらな物ですが、デザインはきちんと標準形式のものに準拠しています。

この駅の駅舎は、駅ビルと呼ぶほど大きくはありませんが、二階に飲食店が入っていたりしてそこそこの規模があり、三岐線の中でも一番大きなものでした。
ただ、それゆえ残念ながらあんまり駅舎らしい雰囲気がなく、駅舎としては少し残念なものでした。
駅の入口が左手ではなくきちんと正面にあればまた違った雰囲気になっていたかもしれません。

ということで、今日はここまで。
駅舎訪問は少しお休みして、次回からは「ねんどろいどぷち 魔法少女リリカルなのは」のレビューをしていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://otakuamigo.blog83.fc2.com/tb.php/267-15359b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。